紫外線対策

暮らし情報

知らないと危険!?紫外線の基礎知識 皮膚がんとの関係

紫外線は美肌の大敵?

紫外線とは、太陽の光のことを指します。太陽の光と言うと健康的なイメージがありますが、肌にとっては悪影響を及ぼすことも多いので注意が必要です。
例えば、肌の老化を早めたり、皮膚がんのリスクも高まってしまうと考えられていますね。
紫外線と呼ばれる理由は、その特徴にあります。

太陽の光は七色の光で構成されていますが、実は、この目に見える七色の可視光線の他に、人間の目に見えない光も含まれているのです。
その中でも代表的なのが紫外線や赤外線などがそうです。
光はその波長の長短によって人間の目には色が違って見えるのですが、最も長いのが赤、そして、最も短いのが紫になっています。
つまり、紫外線は紫よりももっと短い光なので、紫外線と呼ばれているわけです。
紫外線はさらに、近紫外線、遠紫外線、極端紫外線などに分けられていますが、私達とって身近なのは近紫外線でしょう。
近紫外線も、長さの長い順に、UV-A、UV-B、UV-Cに分類されており、UV-Cはオゾン層をほとんど通過しないといわれているため、一般的に紫外線の悪影響というと、UV-A、UV-Bによる影響ということになります。

紫外線と皮膚がんの関係

紫外線と皮膚がんには大きな関係があります。
紫外線を浴びる量によって皮膚がんが発症する確率は数倍違ってくるとまでいわれているほどです。
紫外線の光は肌にとって悪影響といわれていますが、その理由として挙げられるのが、紫外線の光は皮膚を通過し、直接遺伝子にまで到達してしまうことでしょう。
遺伝子は人間の体を構成する大切な細胞であり、紫外線はその細胞に傷をつけてしまうのです。
通常なら、紫外線で細胞に傷がついてしまっても、修復できることがほとんどですが、遺伝子が突然変異を起こしてしまうこともあり、その結果、皮膚がんを発症する確率が高くなってしまうといわれています。
紫外線を予防することによって皮膚を守り、さらに皮膚がんの発症リスクを抑えることができますが、紫外線対策を何もしない場合、紫外線はどんどん肌へと到達します。
すると、それだけ肌に悪影響を及ぼしますし、皮膚がんの発症リスクが高まると言えます。
皮膚がんの発症リスクを高めないためにも、日常生活の中で普段から紫外線対策を意識し、長時間紫外線を浴び続けないようにしましょう。

紫外線がシミの原因になるのは本当?

紫外線はお肌に悪いといわれていますが、その理由は何点かあります。
まず1点目は、紫外線を浴び続けると、皮膚がんを発症する確率が格段に高くなってしまうからです。
紫外線には人間の肌にとって有害なものが含まれており、紫外線を浴び続けることによって、遺伝子に傷がついてしまうこともあります。
遺伝子に傷がつくと、その傷から遺伝子が分裂を始め、それが結果として皮膚がんを発症するリスクを高めてしまう要因になってしまうと考えられています。
また、紫外線を浴びると、肌にシミなどができやすくなるといわれていますが、これも事実です。
紫外線にはメラニンを生成する働きがあり、メラニンが多く生成されてしまうと、肌の色素細胞まで老化させてしまい、色素が沈着してしまったようなシミができてしまいます。
このように、紫外線には肌に悪影響を及ぼしてしまう要因が数多くあるため、紫外線はお肌に悪いといわれているのです。
常に紫外線対策を怠らないようにしていかなくてはいけませんね。

5月から7月は特に注意が必要

紫外線が強い季節ですが、やはり、夏前後が一番紫外線が強く、紫外線対策が必須となります。
月でいうと、5月から7月にかけてが最も紫外線量が多いでしょう。
近年では、オゾン層の破壊が問題視されていますが、現在のところ、私達の科学力ではオゾン層を修復することはできません。
オゾン層が破壊されると、紫外線が直接地表に降り注ぐことになりますから、肌へのダメージもとても大きいものになってしまいます。
ですから、昔に比べて今の方が紫外線による影響は強くなっているといえるのです。
近頃では、屋内にいても紫外線対策が必要だといわれていますよね。
それに、気温が30度を超える真夏日などには、照射量も非常に多くなってしまい、人によっては短時間外に出ていただけで日焼けしてしまうこともあります。
昔は、日焼けしている子供は健康そうにみえていいなんていう風潮がありましたが、子供にとっても紫外線を浴び続けるのはよくありません。
熱中症などを発症してしまう危険性も高いですから、日焼け止めを塗るだけでなく、帽子をかぶる、紫外線の強い時間帯は外で遊ぶのを避けるといった対策が必要になります。
紫外線が強い5月から7月の他にも、残暑の残る8、9月も紫外線が強い日が多いので、脱水症状などにも注意するようにしましょう。

日焼け止めの選び方

夏に限らず、日光を浴びる際には、紫外線による悪影響を防ぐため、日焼け止めを塗ると良いといわれていますよね。
自分に合う日焼け止めの選び方としては、自分の肌質や使用状況に合わせて選ぶことが大切です。
例えば、顔に塗る場合には、フェイス専用の日焼け止めを使用した方がいいでしょう。
「全身用」と記載されている日焼け止めなら、顔にも使用することができますが、「体用」という記載の日焼け止めは、顔に塗ると刺激が強すぎる場合もあるので注意が必要です。
また、顔に塗る場合は、保湿効果があるかどうか、水や汗に強いかどうかなども確認して選ぶといいですね。
近年では、化粧下地にも日焼け止めにもなるという商品も少なくありませんから、そういった商品を使うのも手軽でいいかもしれません。
それに、屋外にいるか屋内にいるかでSPFの高さも違ってきますので、外にいることが多い方はSPF50くらいのものを、屋内の方もSPF20~30のものを塗るようにしましょう。
SPFが高いものほど日焼けを防止できるとされていますが、それだけ肌への負担もかかります。
TPOを考えて選び、時には使い分けることも重要です。

サンバーンとサンタンニング

日焼けにも大きく分けて二種類あります。
これは、日焼けが肌にとってどういった影響を与えるのかによって、分けられているのです。
まず、肌にとって悪影響を及ぼしてしまう日焼けのことを「サンバーン」と呼びます。
サンバーンとは、紫外線対策などを行うことなく炎天下に長時間いることによって起こったりする、やけどと同じような症状のことを指します。
日焼けをすると肌が赤くなって、ヒリヒリと痛みを伴うことがありますが、これもサンバーンに該当する症状なのです。
肌が炎症を起こしているということは、肌に何らかの悪影響が及んでいることを意味します。
肌が赤く炎症している時には、冷やしたタオルなどで十分に冷やすようにしましょう。
一方、肌に比較的悪影響の少ない日焼けを「サンタンニング」と呼んでいます。
サンタンニングは肌が日焼けによって黒くなることをいい、日焼けサロンでタンニングマシンを使って日焼けするのは、このサンタンニングです。
サンタンニングの場合、日焼けによる悪影響はほとんどないとされており、肌が赤くなることもありません。

紫外線に関するまとめ

紫外線は美容や健康に悪影響を及ぼすことが多いとわかっていても、完全に太陽を避けて生活することはできませんよね。

まったく太陽の光を浴びないのも健康的とは言えないでしょう。

紫外線は季節によって強さが違いますが、一年を通して対策は必要です。冬でも紫外線は振りそそいでいるのです。

外にでるときは帽子や日傘、日焼け止め(紫外線対策)クリーム等を使って肌を守りましょう。

大人だけでなく、子供のうちから紫外線対策を意識することが大切です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 東香里水春
  2. ハルカス展望台の3Dマッピング
  3. 鼻の毛穴の開き解消法
  4. ビオチンの美肌効果がスゴイ!
  5. 40代の転職成功のポイント

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 中川裕子さんの年齢や旦那さんについて

    エンターテーメント

    中川裕子は何歳?旦那はいる?学歴や身長スリーサイズについても調査!
  2. 妙見の森へ子供とお出かけ情報

    家族でお出かけ

    妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、食事処などの情報
  3. ヤマダ電機淀川加島店の営業時間

    暮らし情報

    ヤマダ電機加島店の営業時間・駐車場情報など
  4. 花粉症の原因と対策

    美容と健康

    花粉症のつらい症状、鼻水・咳やのどの痛みを予防・改善する方法
  5. 目的別サプリメントの選び方

    美容と健康

    サプリメント何を飲めばいい?美容と健康目的別の正しい選び方
PAGE TOP