美容と健康

女性の体臭予防~蒸し暑い季節でも臭いが気にならない為の7つのポイント

更新日:

女性の体臭対策7つのポイント

6月に入ると蒸し暑い日が増えますね。

湿度が高い季節は、ちょっと動いただけで汗がながれる、汗がべたつく、臭いが気になる、汗で化粧が崩れやすい、といった具合に特に女性にとってはイヤな季節かもしれませんね。

特に、自分の体臭には気づきにくいもの。

知らず知らずのうちに周りの人に不快感を与えている・・・ということのないように、安心して毎日をすごしたいものですね。

体臭対策として、これだけはおさえておきたい

体臭対策としては、最低限以下については意識しておきましょう。

・食生活の見直し
・生活習慣の見直し
・お風呂に入る
・汗をこまめに拭く
・脇毛を剃る
・歯を磨く

食生活と体臭は大きく関係しているので、偏った食事をしている人は体臭がきつくなってしまいます。

体臭を改善するためにも、まずは栄養バランスの良い食事を心がけてください。

できるだけ野菜を積極的に食べて、肉やお菓子を控えるようにしましょう。

また、ストレスや運動不足、タバコ、お酒などが原因で体臭がきつい場合もあります。

それに、体が清潔でないと体臭がきつくなりますから、毎日ちゃんとお風呂に入って体を洗うことも大切です。

シャワーで済ます人も多いかもしれませんが、湯船にも浸かることをおすすめします。

日中はシャワーもしにくいですので、汗をかいたらこまめに拭くというのも、体臭対策として効果的です。

ドラッグストアなどで売っている”汗ふきシート”をバッグにいれておくといいですよ。

それから、ワキ毛を剃ると、雑菌の繁殖を抑えることができ、体臭を予防が期待できます。

口臭も体臭の一つととらえがちですので、歯もきちんと磨きましょう。

口臭予防用の、うがい薬を使用するのも効果的です。

ちょっとしたことですが、これらを意識するだけで体臭を和らげることができると思います。

タバコやダイエットが体臭に影響がある?

女性でも愛煙家の方もいると思いますが、タバコを吸うと体臭がきつくなるといわれています。

その理由は以下の通りです。

・衣類にタバコの臭いが付着する
・ニコチンの影響
・自律神経の乱れ
・活性酸素の影響

まず、タバコの煙が衣類や髪の毛、手などに付着することによって、嫌な臭いを発生させます。

喫煙する方は気付きにくかもしれませんが、タバコを吸わない方からすると、衣服などから漂ってくるタバコの臭いはすぐに分かるものです。

また、タバコに含まれているニコチンがエクリン腺からの汗の量が増えます。

エクリン腺からの汗の量が増えてしまうと、それに雑菌が混じって、強烈な臭いを発生させることになるでしょう。

また、喫煙によって自律神経のバランスが乱れてしまい、汗の量が増えてしまうというのも、体臭がきつくなる理由の一つです。

さらに、タバコを吸うと体内の活性酸素が増加し、それが皮脂と混じり、強い体臭を発生させてしまいます。

また、過度なダイエットをしてしまう女性の方もいるかもしれませんが、体臭がきつくなる原因になる場合があります。

「ダイエットと体臭に関係があるの?」と思われるかもしれませんが、特に、過度な食事制限を行うダイエットは要注意です。

まず、食事量を減らすと、唾液の分泌量が低下することで口臭がきつくなってしまうでしょう。

さらに、糖分が不足し、体が脂肪を分解してエネルギーを作ろうとします。

その時に、ケトン体という物質が発生して、ケトン臭が同時に出てしまうのです。

ケトン臭は、ダイエットの時に発生する独特の体臭で”甘酸っぱさ”があります。

不快な体臭が強くならない為にも、ダイエットは規則正しい生活習慣とバランスのとれた食生活を基本にしましょう。

お酒・アルコール類は体臭の元!?

体臭が気になる方は、お酒の飲み方や飲む量を考えた方が良いかもしれません。

アルコールが体の中で分解されると、アセトアルデヒドという物質になり、これが体臭の元になるのです。

このアセトアルデヒドは血液と一緒に、全身に行き渡ってしまいます。

その結果、全身から体臭がしてしまうことになります。

お酒による体臭は24時間程度続き、その後は徐々に臭いがなくなっていくでしょう。

でも、毎日お酒を飲むと、24時間以内に再度アセトアルデヒドが発生するので、常に体臭が出ていることになります。

お酒の量が多い、と感じている人はストレスにならない程度に禁酒してみるといいでしょう。

体臭の強さは子供に遺伝する?

両親の体臭が強い場合は、その子供も体臭が強くなる可能性があるでしょう。

ただし100%ではありませんので、両親の体臭が強くても子供は体臭があまりないこともあります。

また、仮に遺伝したとしても、体臭の強さは生活習慣と大きく関係しているため自分で改善することは可能です。

不規則な生活をしている人は臭いが強くなる傾向があります。

体臭を抑えるなら、規則正しい生活・バランスのとれた食事が基本です。

十分な睡眠、栄養バランスのいい食事、適度な運動の3つを心がけるようにしましょう。

それに、体臭を抑えるデオドラント剤・ボディーシャンプーなども色々と販売されているので、そういったものを使用するのも良いでしょう。

このように、色んな対策がありますので、仮に遺伝だとしても悲観することはありません。

病院で最初に受診する科は?

体臭について受診したい場合は、まず体のどの部分が臭いか?を確認してください。

臭いが発生している箇所によって、何科を受診すべきか?が異なります。

例えば、頭から臭いが出ている場合は皮膚科でs。

口から臭いが出ている場合は口臭外来や歯科医院に行きましょう。

ワキから臭いが出ている(ワキガ)場合には、皮膚科や美容クリニックに行く必要があります。

また、臭いの部位が特定できない場合は病気が原因の可能性があるので、内科で受診しましょう。

自分だけが悪臭を感じている場合は、精神科でしょう。

このように、臭い部位によって、最初に受診する科を考えるとよいでしょう。

体臭とフェロモンの違い

体臭とフェロモンは異なる臭いなので、間違えないようにしましょう。

まず、フェロモンが出る場所はワキの下ですが、人間の鼻では判別できません。

よって、嗅いでいるとしたらそれはフェロモンではなくただの体臭なのです。

汗は本来無臭ですが、汗をかいた時に雑菌や皮脂と反応することで嫌なニオイを発生し、基本的には酸っぱかったり、脂っぽかったりするはずです。

このニオイを女性フェロモンだと勘違いしていないでしょうか?

人は何となくフェロモンを感じることができますが、体臭がきついとそのフェロモンはかき消されてしまいます。

もし、男性にアピールする為にフェロモンを利用したいなら、体臭対策をしっかり行うことが大切です。

体臭の種類と臭いの特徴

体臭は大きく以下の3つに分けることができます。

・脂質系
・たんぱく質系
・糖系

脂質系というのは、皮脂が原因で発生する体臭のことで、とても脂っぽい臭いがするでしょう。

偏った食生活や過度なストレス、運動不足、睡眠不足などによって自律神経が乱れると、皮脂の過剰分泌が起こります。

そうすると、脂質系の体臭が発生する可能性が高くなるのです。

たんぱく質系は、肝臓の働きが低下することによって発生する臭いのことをいいます。

肝臓の働きが低下すると、臭い物質が血液の中に流れ込み、それが口臭になったり、汗と一緒に排出されて体臭になってしまいます。

糖系とは、汗腺でアンモニアが作られることによって汗や口から発生する臭いです。

一般的に、体臭はこの3つに分類されます。

女性の体臭対策まとめ

おしゃれな女性にとって、自分の体臭は大敵。

梅雨に入る6月から9月頃までは湿度・気温の高い日が続きますが、こんな季節は油断禁物です。

毎日の生活習慣の見直しと体臭対策アイテムを上手に利用して、自分も周りの人も、さわやかな夏を過ごしたいものですね。

こちらの記事もおすすめ

[clink url="http://eventtrenddiary.com/fruit-diet/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/mudage/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/kakatocare/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/howtodiet/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/unti-aging/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/rebound/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/touhi-care/"]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-美容と健康
-,

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.