エンターテーメント

明治大学教授の堀田秀吾さんは結婚してる?本の評判や年齢年収も調査!

投稿日:

堀田秀吾さんについて

今回は堀田秀吾(ほったしゅうご)さんについて調べてみました。

堀田秀吾さんは言語学者であり明治大学法学部教授です。

本の刊行やテレビ・雑誌への出演など幅広く活躍されています。

見ての通り「イケメン」ですから、堀田秀吾さんのプライベートが気になる女性の方も多いのではないでしょうか?

堀田秀吾さんは昭和43年(1968年)6月15日(土曜日)生まれです。

年齢は現在49歳です。

ちなみに1968年生まれの著名人を調べてみました。

内野聖陽さん(俳優)

桑田真澄さん(元プロ野球選手)

鈴木京香さん(女優)

つんく♂さん(シンガーソングライター)

野茂英雄さん(元プロ野球選手)

ミカ・ハッキネンさん(レーシングドライバー)など。

結婚はしてる?自宅はどこ?

年齢的にも奥さんやお子さんがいても不思議ではないですよね?

しかし、結婚や結婚相手などの情報は見つかりませんでした。

既婚・未婚に限らず、頭も良くイケメンですから女性からモテるでしょうね。

学生からも人気のある教授だと思います。

そんな堀田秀吾さんの授業に対する思いが伝わってくるつぶやきをみつけました。

自分の仕事が天職と言えるって素晴らしいと思います。

堀田秀吾さんの自宅に関する情報も見つかりませんでした。

明治大学で教授をされているので、明治大学法学部がある駿河台キャンパス所在地である’東京都千代田区神田駿河台1-1’から通勤圏内に自宅があると思われます。

堀田秀吾さんの学歴についても調べてみました。

1991年東洋大学文学部英米文学科卒業です。

最終学歴は、1999年シカゴ大学言語学部博士課程修了です。

明治大学での研究テーマは「法と言語の諸相」。

難しいテーマでよくわかりませんが、彼が刊行している一般書籍などを読めば一般人向けにわかりやすく書かれていると思います。

高校は筑波大学付属坂戸高等学校の機械科を昭和61年に卒業しています。

筑波大学附属坂戸高校は、坂戸市にある国立の筑波大学の附属高校の一つです。通称は、「筑坂」。

サイト「みんなの高校情報」によりますと、筑波大学附属坂戸高校の偏差値は”54”という情報がありましたので、堀田秀吾さんは中学・高校の時から勉強も良くできたようです。

堀田秀吾さんの年収をズバリ予想!

堀田さんは明治大学法学部教授であり、言語学者としても多数の本を執筆、またテレビや雑誌などメディアへの出演など幅広くビジネスを展開されています。

教授としての収入は安定していると思いますが、教授としてのお給料だけが彼の年収ではありません。

本の執筆料や印税収入もありますし、メディアへの出演料など、その収入元は多岐にわたると言えます。

著書の中でも「科学的に元気になる方法集めました」は彼のベストセラーでもあり、Amazonのカスタマーレビューもいいですね。

この本が発売されたのが2017年2月ですから、印税が発生するのはもう少し後になるかもしれませんが、これだけ話題になると印税収入だけでもかなりの金額になるのではないでしょうか?

堀田秀吾さんのはっきりした年収はわかりませんが、おそらく1千万円は軽く超えているでしょう。

堀田秀吾さんが書いた本

堀田秀吾さんは多数の本を執筆されています。

Amazonで「本で堀田秀吾の著書」を検索すると18件ヒットします。

一般書・ビジネス書・語学書を刊行しています。

中でもカスタマーレビューの数が一番多いのが

「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」です。

レビューが多いというのは、それだけ話題になった本といえます。

実際にこの本は13万部のベストセラーとなりました。

この本は人間関係について書かれた本ですが、堀田秀吾さんが刊行している主なジャンルとしては人間関係・人付き合いをテーマにした内容の本が多いようです。

Amazonで堀田秀吾さんの著書を見る

堀田秀吾さんに関するまとめ

忙しいながらも、仕事や趣味に充実した日々を過ごされている様子が彼のSNSなどからも伝わってきます。

趣味についてはプロフィールなどでも紹介されていますが、結婚や子供についてなどプライベートに関する情報は見つかりませんでした。

ご家族については情報公開はしていないようです。

芸能人とは違いますからね。

ただ、趣味が非常に多いことは彼自身のホームページでも紹介されています。

音楽からスポーツなど色んな趣味を持っているのも彼の魅力の秘密かもしれません。

堀田秀吾さんのホームページへは下記リンクからどうぞ。

Room964(堀田秀吾研究室)

彼独自の観点から書かれた人間関係に関する本は、今後も刊行されるたびに話題になることでしょう。

これからも専門分野にとどまらず、幅広い分野でのご活躍が期待されます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

[clink url="http://eventtrenddiary.com/nakagawayuko/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/kojimamiyu/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/komiya/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/jyoh/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/marin/"]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-エンターテーメント
-

Copyright© 前向き情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.