暮らし情報

即日融資可能なキャッシングや銀行系カードローンについて調査!

更新日:

即日キャッシングと銀行系カードローン

急にお金が必要になった時やお給料日前でお小遣いがピンチ!という時に頼りになるのが即日キャッシングです。

計画的に利用することで、生活をより豊かにしてくれます。

そんな即日融資が可能なキャッシングや銀行系カードローンについて調べてみました。

即日融資可能なキャッシング利用方法

キャッシングの中でも即日融資サービスが特に関心を集めていますが、事前に心に留めておきたいことがあります。

即日融資を受けられるサービスとして、振込キャッシングと呼ばれているものがあります。

振込キャッシングというサービスは、申し込んだ人の銀行口座に振り込んでくれるので、一切外出しなくてもお金を借りることができます。

振込手続きは銀行の窓口が開いている時間でなければ受け付けないので、一日のうちのどの時間に申し込むかで、即日融資ができなくなります。

金融会社の審査結果が出たとしても、銀行が開いていない土日祝日や、午後3時以降なら振込に対応できません。

その日のうちに融資を受けたいという場合は、平日の申し込みに限定されますので、だいぶ制限があるように感じられます。

平日14時前の申し込みをしていても、手続きにちょっと手違いがあったり、書類の齟齬があったりすると、振込が可能な時間を超過してしまうことがありえます。

消費者金融会社の中には、24時間いつでも振込キャッシングに対応しており、即日融資をしてくれるサービスもあります。

その場合、ほとんどがネットバンキングに限定されますので、24時間振込キャッシングを利用したい場合には、事前に銀行口座を作っておく必要があります。

金融会社の中には、即日融資キャッシングの手続き明細を、申込み者の自宅に郵便物の形で送ってくることがあります。

人に知らずに融資を受けるには、何らかの対処が必要です。

即日融資であるため、借りている感覚が薄くなりがちなので、計画性のあるキャッシングの利用を心掛けましょう。

即日キャッシングの特徴と注意点

キャッシングを利用すれば、必要に応じて手軽にお金を借りることができます。

キャッシングを利用するためには事前に審査が必要ですが、その審査の方法やスピードも昔と比べるとかなり変化しています。

決定的なものとして、インターネットを使ってキャッシングができるようになったことがあります。

キャッシング店舗の窓口からでも可能ですが、ネットキャッシングの申し込みでも、即日融資で借り入れができることがあります。

即日融資とは、申し込んだその日のうちに、借り入れ金を受け取ることができるサービスです。

利用額の限度額は低めに設定されていますが、簡単な審査だけで即日融資が可能なのはとても助かります。

急にお金が必要になって、できるだけ早く現金を用意したい場合は、即日融資キャッシングが役立ちます。

キャッシングの返済もATMで簡単におこなうことができるので、手間も時間もかかりません。

申し込みも気軽にできて、審査にも時間がかからなくなったため、キャッシングを身近な存在に感じるという人が多くなっています。

キャッシングの利便性は以前と比べて大幅に上がりましたが、即日融資が常にできるわけではないことは理解しておくようにしましょう。

信用情報の照会をした時に何か問題があれば審査はそこで一旦ストップしますので、審査にも通りにくくなります。

信用情報で問題があれば、いくら即日融資が可能と宣伝していても、審査には通らないので注意して下さい。

融資までの時間はどれくらい?

キャッシング会社を選択するに当たっては、融資を受けられるまでの早さがとのくらいかがあります。

即日融資のキャッシングを利用したい時には、滞りなく融資を受けるために抑えておきたい事柄があります。

金融会社にもよりますが、即日融資キャッシングを受けたいという場合には、申し込みの方法が2通りあります。

ネットキャッシングの窓口で手続き申請をして、キャッシングカードの受け取りを自動契約機で行う方法があります。

しかし、自動契約機が自宅(会社)などから行ける場所にあるキャッシング会社を選択しなければ、この方法は使えません。

キャッシングカードの受け取りを自動契約機で行うため、自動契約機が開いている時間帯である必要があります。

時間によっては自動契約機は使用できない状態になっていますので、いつなら使えるかをあらかじめ調べておきましょう。

キャッシングの申し込みをする時に、自分の銀行口座を一つ選んで、そこにお金を入れてもらうという選択肢も存在します。

インターネットから申し込んだ場合、振込方法は審査の結果を確認してから選ぶことも可能です。

銀行が振り込み手続きに対応できる時間かどうかで、即日融資が可能になるかが変わることに注意しましょう。

キャッシング会社の審査結果が出た時点で、指定口座のある銀行の営業時間内であるかどうかが、即日融資を利用できるかの分かれ目になっています。

銀行の窓口が対応していない時に振り込みの希望をすると、翌営業日まで待たなくてはならなくなりますので注意しましょう。

銀行系カードローン

三井住友や三菱東京UFJのような銀行系カードローンの利用者は増加傾向にあり、サービスも加熱傾向にあるようです。

銀行からすれば、低金利融資の時代に突入している現在では、いかにして理想的な融資先を見つけることができるかが、重要な課題になっています。

今まで個人向けの融資については、消費者金融が大きなシェアを握っていましたが、グレーゾーン金利の廃止や過払い請求等により、かつての勢いがなくなったと言えるでしょう。

以前は消費者金融会社だったところが、銀行の買収を受けて、その傘下に入ったという場合もあります。

少し前までは、銀行が行う融資サービスといえば企業を対象とした大口の融資や、個人を対象とするときは住宅ローンなど担保の必要な大がかりなものでしたが、最近では銀行系カードローンも便利な存在になってきています。

用途自由や、所得証明書不要というカードローンは、昔の銀行ではありえないことでした。

銀行系カードローンは、新たな顧客を捕まえてくると、人事でプラスの評価がつくとされています。

積極的に銀行系カードローンの利用者を増やそうとする銀行員が多くなるという状況になりえます。

消費者金融のローンは、総量規制により年収の3分の1までしか借りられませんが、銀行系カードローンには、その規制がないため、各銀行の裁量やルールに委ねられています。

借入希望金額をすんなり借りるためには、総量規定が適用されている消費者金融会社よりも、銀行系カードローンのほうが都合がいいと言えます。

必要書類を揃えて窓口に出しにいくのは面倒ですが、この頃はインターネット環境が充実していることもあって、ネット越しにカードローンの申し込み手続きができるケースも増えています。

銀行系カードローンはお得?

個人を対象とした融資では、何年か前までは消費者金融会社が多く利用されていましたが、最近は銀行系カードローンも注目されています。

どんな点に配慮してお金を借りると、カードローンをうまく使うことができるものでしょうか。

今までお金を借りたことがない人が銀行系カードローンで融資を受けると、金利は上限いっぱいに設定される傾向があります。

最初は高めの金利で貸しつけますが、借りたお金を責任を持って返済できる客だと判断されれぱ、より低金利で融資をしてくれます。

ただし、お金を貸してくれる銀行にもよりますが、1週間~1ヵ月以内に返済すれば利息ゼロ円になる銀行系カードローンもあります。

レイク・アコム・プロミスなども条件によっては無利息でお金を借りることができます。

銀行系カードローンでは、金利の上限が14~15%に設定されているのが一般的です。

法律で決まっている金利よりも、わずかに低く設定された結果、15%という数字になっています。

利息制限法で決められている金利を越える金利で貸しつけをしていた場合、全額返済後でも、返済金として支払ったお金を無効扱いにできます。

消費者金融会社の融資を利用した場合、法律で決まっている上限額のぎりぎりを狙った金利設定になっているケースがほとんどです。

一度に借りる金額は、個人のローンはそれほど多くはなりません。生活費の補填や、欲しいものを買うために、数万円程度の融資になりがちです。

数万円のお金を消費者金融で借りた場合には、金利が約20%となり、銀行系カードローンよりも多くの利息を返済しなければならなくなります。

低金利で借りることのできる銀行系カードローンの方が、お得と言えるでしょう。

銀行系と消費者金融どちらで借りるか?

カードローン融資を利用する時には、消費者金融系と、銀行系のどちらのカードローンにするかを決めておく必要があります。

納得のいく融資の受け方をするためにも、どちらのカードローンを使いたいかを、自分の中でまとめておきましょう。

まず、消費者金融系のカードローンにあって銀行系のローンにはないものは、総量規制による縛りです。

借りすぎを防止するために、貸金業法という法律では貸しつけ上限額の合計を年収の1/3以下に抑えることという決まりがつくられています。

総量規制を守った借り方をしなければいけないものは、消費者金融系のカードローンなどです。

銀行の住宅ローンを借りる時などは適用されません。

ただし、銀行系のカードローンは総量規制に該当せずとも、年収の3分の1を越えるような金額が銀行から融資可能かといえば、一概には言えません。

年収に対する返済金額の比率を返済比率といい、返済比率が高くなりすぎないことは、カードローンの審査では必ず確認している点です。

銀行系カードローンは、総量規制とは関係はないですが、年収の1/3以上の金額を借りたいといっても、そう簡単にはOKは出ません。

銀行系ローンにあって消費者金融系のローンにないものは、限度額の大きさと金利の低さです。

消費者金融系のカードローンは金利14%くらいであり、消費者金融系は金利18%くらいを上限金額にしていると言われています。

消費者金融会社から新たな融資を行う時には300万円くらいを金額上限にしているところが多いですが、銀行系は800万円~1,000万円という大口融資が可能なところもあるようです。

銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンの違いを理解した上で、自分に合った使いやすいほうを選択するようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-暮らし情報
-, ,

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.