恵方巻の由来

イベント・催事

節分に食べる恵方巻の由来~風習発祥の地は関西

まもなく2月3日節分ですね。

節分には豆まきをして、その年の恵方を向いて巻きずしを食べるという方も多いのではないでしょうか?

この節分で食べる巻きずしを恵方巻きといいます。

江戸時代の末、大阪・船場の商家ではその年の恵方を向いて願い事を念じながら無言で巻きずしを食べると福が来る、とされていたことが由来のようです。

もともとは関西発祥の風習でしたが、現在では全国に広がっているといえます。

恵方とは、スサノオノミコトの妃(きさき)であるクシナダヒメという歳徳神(としとくじん)がいる方向で、その年の最も良い方向とされています。

初詣で恵方にあたる神社を参拝するとご利益に授かるともいわれています。

ちなみに今年(平成29年)の恵方は北北西になります。

恵方巻きの風習は時代とともにすたれていったのですが、大阪海苔協同組合が「巻きずし丸かぶり」としてイベント等を通して復活させたのが昭和50年代でした。

その後、一部のコンビニエンスストアがキャンペーン展開したことがきっかけで、他のコンビニやスーパー等も追随する形で「恵方巻き」が一気に全国に広まったようです。

最近では節分で食べる恵方巻きを家庭で作るより、買う家庭が多いようです。

コンビニはもちろん、スパーマーケットやデパートでもすでに予約開始しているところも多いですね。

きのう近所のローソンにたまたま収入印紙を買いに行ったのですが、その時レジに置いてある「恵方巻予約受付中」のチラシを見て、「あぁ、もう今年も節分の季節か・・・」なんて思ったりしました。

ところで、巻きずしといえば海苔(のり)が欠かせませんが、海苔の養殖が始まった戦後は天然ものしかなく、海苔が大変高価なものだったのをご存知ですか?

当時は海苔1枚が米一升に匹敵するほど高かったそうです。

そう考えると、現代では海苔は大変求めやすい値段になりました。

手軽に海苔が買える時代だからこそ、家で「恵方巻き」を手巻きするチャンスかもしれませんね。

買ってきた「恵方巻き」を食べるのもいいですが、家族で手巻き寿司をつくって「丸かぶり」するのも、また楽しいかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. インナードライ肌の原因と対策
  2. 大阪北部地震震度6
  3. 東香里水春
  4. ハルカス展望台の3Dマッピング
  5. 鼻の毛穴の開き解消法

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 大阪ステーションシティクリスマスイルミ

    イベント・催事

    大阪ステーションシティのクリスマスイルミ2016-2017の見どころ
  2. 神戸どうぶつ王国

    家族でお出かけ

    神戸どうぶつ王国 感想や混雑具合、行き方について
  3. お受験の基礎知識

    子供

    小学校受験を考えだしたら、最初に知っておくべき予備知識ベスト7
  4. 野菜嫌いの子供に野菜ジュース

    子供

    超野菜嫌いな子供に飲ませる野菜ジュースの選び方
  5. ビオチンの美肌効果がスゴイ!

    美容と健康

    ビオチンの美肌効果は本当にすごい?シミくすみの改善方法もチェック!
PAGE TOP