五月山動物園

家族でお出かけ

五月山動物園とハイキングコース情報

五月山動物園を出発点として、ハイキングコース(望海亭コース~五月台コース)を歩いてきました。

12月上旬ですので、ハイキングシーズンではないかもしれませんが天気が良く、林間はとても気持ち良かったです。

動物園やコースの様子をはじめ、最寄りの駐車場やハイキングの服装などについて書いています。

五月山動物園の入場は無料

五月山動物園は五月山公園の西側のふもとにあります。

五月山動物園の入園口

料金は無料で入場できます。

特に小さな(幼稚園から小学校低学年くらい)子供連れの家族には人気があるようです。

ウォンバットや羊、ポニー(馬)、アルパカ、エミューなどかわいい動物たちが近くで見れます。

一部の動物を除いてエサ(有料)をあげることもできます。

ウォンバットはまるでぬいぐるみのように愛くるしい姿でした。

ポニーにエサ(細かく切ったニンジン)をあげるときに、ポニーをすぐ近くで見ることができます。

ポニーはとてもかわいい目をしていましたよ。

園内は動物園にしてはさほど広くはなく、こじんまりとしています。

ゆっくり回っても1時間くらいで見て回れると思います。

土曜日でしたが、動物園内は混雑することもなく、ゆっくりと動物たちを見て回れました。

園内はゆるい坂になっていますが、足元はアスファルトで舗装されていますので歩きやすいです。

駐車場は動物園入口手前にあり

五月山動物園の最寄りの駐車場(有料)は動物園の入口の50mほど手前にあります。

休日の昼間(10:00~15:00くらい)は満車になることも多いです。

最寄りの駐車場が満車でも、周囲には有料駐車場がいくつかあります。

詳しくは五月山動物園公式サイトをご覧ください。

駐車場の向かいには公園総合案内所・売店・公衆トイレがあります。

売店では軽食の販売や自動販売機があります。

総合案内所と売店

五月山動物園は最寄り駅である阪急池田駅からゆるい登坂を徒歩20分くらいかかります。

小さなお子様連れやお年寄りの方は車が便利でしょう。

ハイキングコースマップ

五月山にハイキングに来る方も多いと思います。

ハイキングコースはいくつかありますが、今回私が歩いたのは五月山動物園から望海亭コース~五月台コースです。

その後、緑のセンター・温室に立ち寄り、五月山児童文化センターを通って五月山体育館前に出てきました。

ハイキングの際はまず、五月山動物園の手前にある公園総合案内所で「五月山公園ハイキングマップ」を入手することをおすすめします。

五月山ハイキングコース全体が見渡せるわかりやすいマップです。

無料です。

ネットでもハイキングコースマップがこちら(池田市観光協会のサイト)から見れます。

望海亭コース(上り)から五月台コース(下り)

望海亭コースの入口は公園総合案内所・売店のすぐ西側にあります。

ハイキングコースの入口 ハイキングコース

案内板に従って、進みます。

ハイキングコースマップ コース上の階段

すぐに道路に出ますので、道路を渡って向かいにあるコースに進みます。

ここは、ちょっとわかりにくい(コースを見失いやすい)ので注意が必要です。

道路に出る手前 道路向こう側のコース

その後、かなり急な登りが続きます。

季節柄、コース上に落ちた枯れ葉で滑りそうになりながら慎重に上っていきます。

ハイキングコースの様子

普段運動不足の私は、早くも息が切れてきました。

上って行くと途中からコースがわかりにくくなり、足元も急で滑りやすくなります。

五月台を目指したのですが、道がわからなくなったので元来たコースを引き返しました。

林間をさまよっていると五月台コースの案内板が見えたので、そこから下りました。

娯三堂古墳を過ぎて、まもなく舗装された道路に出ました。

望海亭コースの入口から、途中で10分くらいの休憩を挟んでここまで1時間くらいです。

山間を歩く望海亭コース・五月台コースは思ったより急でコースもわかりにくかったです。

小さなお子さん連れには、ちょっと向いていないコースだと思います。

最初は五月台・愛宕神社に行こうと思ったのですが今回はあきらめ、そのまま緑のセンターへ向かいました。

緑のセンターの温室は自由に入れます。ポインセチアなど冬の花がとてもきれいに展示されていました。

すぐ前の庭では大きくてきれいな鯉が数匹泳いでいました。

緑のセンターには職員の方が数名いましたが、その他には来場者はいませんでした。

緑のセンターを出たあとは、五月山児童文化センターの前を通ってバス通りに出ました。

五月山体育館の前を通って阪急池田駅に向かいました。

小さな子供連れなら「ひょうたん島コース」がおすすめ

今回は実際に歩いていませんが「ひょうたん島コース」が小さな子供でも歩きやすくておすすめです。

このコースは緑のセンター側に上り入口があります。

緑のセンターに立ち寄った際に見たのですが、舗装された道でした。

あと「大文字コース」も歩きやすいようです。

こちらのコース入口は公園総合案内所のすぐ隣です。

今回私が歩いた「望海亭コース」と並んで入口があります。

お子様やお年寄り、体力に自信のない方にはこの2つのハイキングコースがおすすめです。

服装や注意点など

12月という季節は、天候さえよければ五月山ハイキングするのに良い季節だと思います。

服装も完璧な登山服でなくても、動きやすい服装なら基本OKだと思います。

歩いていると当然汗をかきますし、途中休憩していると寒くなったりしますので体温調節しやすい服装がおすすめです。

ただし、足元は必ず歩きやすい靴で行きましょう。

トレッキングシューズや登山靴までいかなくてスニーカーでもいいですが、しっかりと紐を結んでぬげないようにしましょう。

コースによっては足元が悪く滑りやすくなっていますのでご注意下さい。

あと冬は日が暮れるのが早いのが欠点です。

日が暮れてしまうと山中は真っ暗です。

方角もわからなくなってしまいます。

冬場のハイキングは日が暮れるのが早いことを想定して、早めにスタートするようにしましょう。

その点、今回は出発が遅すぎました。

先に動物園に寄っていたこともあって、ハイキングのスタートが12時過ぎてしまいました。

初めての五月山ハイキングならコースの様子もわからいので尚更早目に出発すべきでした。

五月山は気軽にハイキングが楽しめるとは言え、今回はちょっと準備不足だったかなと反省しています。

軽いノリで行きすぎたので、正直、五月山の自然を満喫するまではいきませんでした。

次回はもっと日の長い季節に朝早く出発して、余裕をもってハイキングを楽しもうと思います。

五月山公園への行き方(アクセス)

五月山公園へ電車で行くなら阪急電車宝塚線池田駅が最寄り駅です。

十三・梅田方面からなら急行に乗ると池田駅に早く着きます。

阪急池田駅東口を出て、池田市役所の横の9号線を北に向かって進みます。

池田駅から五月山公園までは徒歩15~20分くらいです。

車で来る場合は阪神高速11号池田線「川西小花」JCTが近いです。

五月山公園駐車場はいくつかありますが、休日の天気がいい日は満車になる可能性が高いでしょう。

阪急バス利用の際は「五月山公園・大広寺バス停」が便利です。

 

こちらの記事もおすすめ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. インナードライ肌の原因と対策
  2. 大阪北部地震震度6
  3. 東香里水春
  4. ハルカス展望台の3Dマッピング
  5. 鼻の毛穴の開き解消法

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. お受験の基礎知識

    子供

    小学校受験を考えだしたら、最初に知っておくべき予備知識ベスト7
  2. 中国語の勉強法

    暮らし情報

    中国語初心者の為の勉強法~スタートダッシュのコツ
  3. 瀬山まどかさんについて

    エンターテーメント

    瀬山まどかの身長体重は?すっぴんは可愛い?高校や彼氏の噂も調査!
  4. 顔痩せの方法

    美容と健康

    丸顔がたった1週間で痩せた!?顔痩せの方法やメニューについて
  5. 百貨店イベント2017年3月

    イベント・催事

    百貨店イベント情報2017年3月大丸梅田・阪急うめだ本店・阪神梅田本店など
PAGE TOP