暮らし情報

再就職面接で採用率をUPさせる為の前準備や対策は?注意点は?

投稿日:

再就職面接対策

再就職先を求めて求人に応募した時には、ほぼ確実に採用面接がありますので、対策は必須です。人気がある会社の場合は再就職したいと希望する人も多くなるので、たくさんのライバルに打ち勝つ必要があります。まずは職務経歴書や、履歴書などの書類をきちんと書いて、再就職面接の段階までたどり着けるようにしましょう。誰もが書きそうなありふれた履歴書や、職務経歴書を書いているようでは、採用される見込みは得られません。履歴書の時点で相手への訴求力を持たせることができれば望ましいですが、書類以上に面接の対策が重要になります。書類だけではわからない人となりを理解してもらうための場が面接であり、採用されるかどうかの別れ目になります。職務経歴書や、履歴書の内容がしっかりしたものだったとしても、面接で相手に与える印象のほうが大事です。採用されるためには面接はただ受ければ良いと言うものではなく、戦略的に受ける必要があります。自然体で面接に行くほうがいいという価値観の方もいますが、できるだけいい自分を見てもらうことも重要になります。面接を受けることで、会社が求める人材に自分が合致していることを、どのようにして訴えるかが重要になってきます。ろくに知らないことを知っているかのように話すなど、必要以上に自分をよく見せようとすると、底の浅さが露呈します。応募した企業に採用されるためには、想定質問集の回答を考えおくなどして、面接に備えるようにしましょう。

再就職活動で避けて通ることが出来ないものは、面接による採用選考であり、コミュニケーション能力と自信を持つことが大切です。就職活動をする上で一番の難関は面接であり、これだけは何度経験しても、苦手な人が多いようです。企業は、最終的に採用を決めるための手段として面接を行っていますので、面接がうまくできないと、採用の見込みが得られません。面接を突破するために重要なことは、自己アピールをどういうやり方で行い、相手にいい印象を持ってもらうかです。面接の場では過度な自己アピールはできませんが、相手の気分を害さないようにと受け身の発言に回っていては可も無く不可もなしで終わってしまいます。ある程度の正直さは必要ですが、度を過ぎた態度や場違いの受け答えは良い評価を得ることはできません。ポイントになるのは、会社側がこの人と一緒に仕事をしたいという気持ちになるかどうかということです。そのためには話しやすい雰囲気とか、ある程度自分というものを出せるかどうかということが鍵になります。コミュニケーションスキルが高い人物であるほど、企業から高く評価され、面接も通りやすくなることが指摘されています。人と話すスキルを持っていることが、仕事を滞りなく動かすためには重要になってきます。必要最小限の会話しかしないという人よりも、自分の考えをどんどん発信して、人の考えをきちんと受け取れる人のほうが、万事うまくいきます。面接では受け答えの内容も大切ですが、コミュニケーション能力も重視していることを意識しながら、面接に臨むようにしましょう。

求人応募に対しては、書類審査をしてから、採用面接をするという段取りが一般的です。就職セミナーや、就職支援サイトの応募欄からエントリーシートを出すことで、その会社への応募をすることができます。書類審査をくぐり抜けることができれば、面接を受けることができます。履歴書やエントリーシートの審査だけでなく、簡単な学力テストや、作文審査をしている企業も存在します。ただし、学力テストに関しては義務教育程度の学力を確認する程度のものであり、それほど難しい内容にはなりません。企業が採用を決定する根拠にすることは、採用面接の結果であることが大半です。基本的に、新卒者への面接と数度に分けて行います。一回目は人事の担当や採用部門の管理者による面接で、2度目以降は部長級や、幹部級の社員が面接官として登場します。専門技術や、知識を持つ人を採用するために求人を出した場合は、応募者の先行を人事関係の人だけでやるのではなく、普段から専門部署を担当している人が登場することがあります。求人に対する応募の理由や、会社に対して売りこみたい自分自身のことなど、面接の時に話題になりやすい内容を把握しておきましょう。人事としての仕事を毎年続けていると、採用後の活躍が期待できそうな人と、無難な受け答えのみに終始していて個性が感じ取れないという人との識別は、容易にいくようになります。普段から、どういう価値観で生きているのかを突き詰めて考えたることで、揺らがない自分なりの考え方を持てるようになるでしょう。採用面接の場で高評価を得るためには、あらかじめ面接対策をしておくことも重要ですが、日常的な心配りを重視していく必要があります。

信頼できる人材を必要としている企業は多いため、コネ入社は会社にとってもメリットがあることです。再就職活動にコネを活用したという話は珍しくもありませんが、コネ採用の話をフェアではないと感じてしまうという人は大勢いるようです。コネを利用して就職するのは法律で禁止されているわけでは無いので、罰せられることはありません。ただし、与えられた仕事がこなせる能力を有していない人がコネで入社すれば、状況は悪化します。コネがなくても能力がある人は就職先を決めることができるともいいますが、コネがない限りつけない仕事もありますので、能力もコネも就職には大事です。コネとは換言すると人的補償、つまり、あの人の紹介ならあの人に迷惑が掛かるようなことはしないだろうという安心感が企業側に生まれます。最近は、インターネットの求人サイトや、ハローワークの紹介で仕事を探すことが多いですが、企業サイドは学歴や職歴を信用の根拠にする傾向があります。ランクの高い学校を卒業していれば信頼性の高い人物だと見なされがちという点では、学校はその人にとってのコネともいえます。コネには知人や取引先など様々ですが、企業へ毎年安定的に人材を供給する学校こそが、最も強力なコネになっているとも言えます。社内での付き合いや、出世のスピードが、出身校によって違いが出る会社も少なくありません。一旦就職すると、出身校とのつながりが途切れてしまうという人は少なくないですが、出身校の人脈をキープしたほうがいいこともあります。コネというと聞こえが悪いものですが、コネによって求人募集をしている会社があるのは少なくないのです。

インターネットの就職サイトで求人情報を検索するときに、心がけておきたいことは何でしょうか。まだインターネットが主流でなかった時代は、電話連絡が就職活動の基本であり、直接交渉して日程調整をしていました。今の時代は、これまでの面接の設定方法が少しずつ変わってきています。インターネットを使った就職活動が一般化するようになって、求人サイトを活用して企業と連絡をとる機会が多くなっています。直接顔を合わせることなく、インターネットを介して提供された情報を基に選考していくという方法です。求人を出す会社の立場としても、煩雑な事務処理をせずに済みますし、就職活動をする側としても短時間で必要な手続きができます。インターネットを活用する就職活動では、情報を吟味する際に注意点もあります。膨大な求人情報をチェックする時に、やりたい仕事内容や、休日日数、給与ランクを判断のベースにしている人は多いようです。限られた条件ばかりに目を奪われていると、内容重視ではなく、見た目だけの判断をすることになってしまいます。インターネットの求人票を見ていると、記載内容を比較評価するだけで、物事をはかるようになってしまいます。求人サイトのページ上には、限られた情報しか掲載されていないので、求職者にとってメリットのある内容ばかりを選んでいると考えられます。一見するといい条件のように見えても、思わぬ見落としがある場合もありますので、ネットで求人情報を見る時は、よく考えて選ぶようにしましょう。

どの求人に応募したいかを見極めることが、再就職活動を行う時には重要になってきます。これから再就職先を見つけようとしている人には是非お伝えしたいことがあります。就職先を探す必要性を感じるに至る経緯は人によって違いますが、すべきことはほぼ一致しています。まずは、どういった仕事があるかを把握した上で、どういった会社であれば自分の力を活かせるかという事を考えていく必要があります。企業が採用したいと考えている人物像や、持っていると有利な資格、経験はどういうものか、どの業種の求人倍率が高いかなどを調べます。はなから就きたい職種が決まっているのであれば別ですが、そうでなければ転職市場の状況を把握することからはじめてみましょう。これまで、最初から選びようがないものだと思っていた業種が、意外と自分にとって働きやすい職場だったりします。仕事内容によっては、専門の知識や資格を有していることで、就職活動を有利に進めることが出来るようになるケースもあります。採用面接に対する対策を講じるためにも、まずは求人情報を確認して、どんなものがあるのかを確認してみましょう。就職活動のスタート段階では、できるだけ多くの求人情報に目を通しておきたいところです。インターネットの求人サイトだけでなく、新聞の求人広告や、ハローワークの求人欄にも、最新の求人は載っています。後悔しない就職のために、できるだけ多くの求人情報を見て、しっかり比較検討することが大切です。

再就職・転職活動をスムーズに行うために大事なことは、求人情報をいかに入手するかです。転職活動を成功させるためには、求人情報をしっかり収集した上で、適切な条件によって絞っていくことが重要です。タイミングもありますので、良い求人が出たらまずは応募しておくのも一つの方法です。魅力的な求人があった時に、応募を少しためらっていたら、その間に別の人に決まってしまうという可能性もあります。待遇のいい求人などは、求人掲載直後から多くの人が応募しますので、すぐに応募期間が終わることもあります。転職活動は自分の人生に影響を与える重要なイベントですので、求人情報を隅々まで読むということも心がけましょう。常に最新情報を得られる体制を整えておくことで、転職活動を円滑に行うことができるようになります。短期間に何度も求人募集をしているような会社は、退職する人が多いなど、それなりの原因がある可能性があります。見せかけの好条件だけに捕らわれることなく、まずは多くの求人情報を集めて比較検討した上で、条件を決めて徐々に候補を絞っていきます。納得のいく求人を見つけるためにも、どんな条件なら働きたいか、自分の中で明確な基準をつくっておくようにしましょう。採用が決まってから、別の求人のほうが魅力的に見えるということがないように、自分の中で基準を決めておきましょう。どういう会社でなら仕事をしたいのかを明確にしておくことで、求人も探しやすくなりますし、転職活動のモチベーションにもなります。

こちらの記事もおすすめ

[clink url="https://eventtrenddiary.com/job/"]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-暮らし情報
-,

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.