お受験の基礎知識

子供

小学校受験を考えだしたら、最初に知っておくべき予備知識ベスト7

子供の受験で最初に悩むのが、小学校のお受験についてでしょう。

子供の一生がかかっているといっても過言ではないので、親として悩むのも当然でしょう。

幼稚園によっては、お受験の話が積極的に出てくるところもあるでしょうし、親が小学校お受験経験者であればより前向きに考える家庭もあるでしょう。

小学校受験に関していろいろ疑問はあると思いますが、まず最初に親が知っておきたい受験の知識としていくつか書いてみましたので、どうぞご参考下さい。

小学校受験のメリット

日本では小学校は義務教育ですのでお受験なしでも公立の小学校には通えます。

まだまだ主流は公立の小学校への入学でしょう。

では、なぜわざわざ受験してまで小学校に行くのでしょうか?

当然子供にとってメリットがあるはずですので、そのメリットについて考えてみました。

・入学先(小学校)を校区に縛られず自由に選べる
・小学校~大学まで一貫した教育を受けることが可能
・子供の個性や長所を伸ばすことができる

お受験するメリットの一つは、校区関係なく学校を自由に選べることです。

自分の子供に適した学校に通わせることができますし、親が望む教育を受けさせることができます。

これがお受験の最大のメリットだといっていいでしょう。

また、小学校に合格すれば、中学校から大学まで一貫した教育を受けることも可能です。

公立小学校だと先生が異動することも多々ありますが、私立の場合は比較的異動するケースは少ない医の出、同じ先生から教育を受けることができます。

そして、子供の個性を伸ばせるというのもお受験のメリットです。

私立小学校の場合、学校によって特色が異なるので、自分の子供に合ったところを選べば、個性を効率良く伸ばせるでしょう。

ただし、お受験の際は勉強や習い事によるストレスを心身ともに子供も親も受けてしまうというデメリットもあります。

服装のポイント

お受験の時は、親子ともに服装にも注意が必要です。

相応しくない服装で面接を受けてしまうと結果に悪影響を及ぼしかねません。

おすすめする服装選びのポイントは以下の通りです。

・受験先の学校の雰囲気(カラー)に合わせる
・清潔感のある服装
・特に親の装飾を控える
・脱ぎ着しやすい服

まず、学校の雰囲気(カラー)に合わせるというのが重要になります。

小学校によって雰囲気が異なるので、事前にどういった服装が相応しいのか見学の際にチェックすることをおすすめします。

どの学校を受ける場合でも、清潔感のある服装は基本と言えます。

派手なブランドものよりもシンプルな服装の方が清潔感があり、印象がいいのではないでしょうか?

子供の親もアクセサリーは控えたほうが良いでしょう。

また、試験内容によって子供の着替えが必要な場合もあるので、その時に困らないようになるべく脱ぎやすい、着やすい服を選ぶことをおすすめします。

試験内容について

入学試験の内容や項目は学校によって違います。

基本的に筆記試験はどこの学校も行いますが、その他にも色々な試験項目があるところが多いです。

よくあるのが以下のような入試内容です。

・筆記試験
・口頭試験
・運動
・行動観察
・記憶試験

筆記試験では常識問題や数量問題、図形問題、言語問題などが出題されます。

出題される問題は学校によってレベルが違います。

口頭試験とは試験管が子供に色々な質問をするというものです。

運動では運動能力がどのくらいあるのか、先生の指示をしっかりと守ることができるのかなどを見ます。

行動観察では他の生徒と一緒に遊ばせて、その子供の適性・特性を判断します。

ここで言葉遣いや友達に対する態度などもチェックされると思っていいでしょう。

記憶試験とは絵や図を見せて、どのくらい記憶できているのかを確認する試験で、筆記試験に含まれていることもあります。

この他にも学校によって色々な試験があるでしょう。

受験内容については、ある程度事前に学校側から説明があると思います。

一般書店等でも問題集が発売される学校も多いので、できることから準備をすすめるようにしましょう。

塾に通うべきか否か

一般的に、塾に通った方が合格の可能性は高くなるでしょう。

塾に通う一番のメリットは、効率的かつ効果的な受験対策ができることです。

塾の先生はどんな試験が出題されるのかある程度傾向を把握しているので、かなり効果的な勉強ができると言えます。

また、子供にとっても塾に通うことで集中できるというメリットもあります。

自宅だとテレビや遊び等誘惑がたくさんありますが、塾に行けば勉強に集中できる環境があります。

さらに両親にとっても、負担も多少軽くなるのではないでしょうか?

負担が減るといっても、費用はかかりますので経済的負担は増えますが、合格のためには塾も選択肢に入れることをおすすめします。

お受験といえばまず「絵画教室」といったイメージがあるかもしれませんが、絵は習わせる方がお受験には有利なのでしょうか?

これは習う本人次第だと思います。

子供が嫌がる場合は無理に通わせても時間とお金だけが浪費されてしまいます。

これは絵画教室に限らず、色々な習い事教室にもいえるでしょう。

本人が好きで絵画教室に通うなら、絵が上達してお受験にも役立つでしょう。

また、集中力や手先の器用さ、表現力も身に付くので、できれば習った方がいいですが、親だけの判断で通わせるのはやめましょう。

もし絵画教室に通わせるのなら、お受験の実績のある教室をおすすめします。

お受験に有利な絵本はある?

小学校受験対策の一つとして絵本を読んでおいた方がいいといわれています。

これは入学試験で絵本に関する問題が出題されることがあるからです。

試験では絵本の読み聞かせをした後、どのくらいその内容を記憶・理解しているのか?を見ます。

そのため、普段から絵本を読んであげたり、読ませるといったことが受験対策につながってきます。

例をあげるとすれば、以下のような絵本は小学校受験におすすめです。

・ぐるんぱのようちえん
・もりのなか
・おおきなかぶ
・こすずめのぼうけん

これらの絵本は実際の試験でも使用されたことがあります。

どれも昔からある絵本なので、親御さんも読んだことがあるかもしれません。

とても面白い内容の絵本ばかりですから、小学校受験をする・しないに関わらず一度は読んでおきたい絵本ですね。

特に、「おおきなかぶ」は知名度が高い絵本ですし、読んでおいて損はありません。

また、「そらまめくんのベッド」「かみさまからのおくりもの」「へんしんオバケ」「ふゆじたくのおみせ」「ちいさなくれよん」といった絵本も小学校受験に使えると思います。

普段から本に慣れ親しんだ生活習慣ができているかどうか?というのも小学校お受験の合否のカギの一つと言えます。

家庭でのしつけの大切さ

お受験に合格するためには家庭のしつけも大切です。

・良い悪いの区別
・挨拶
・言葉遣い
・感謝と謝罪の言葉

これらは、急に身に付くものではありませんね。

まず、物事の良い悪いの区別をしっかりとしつけましょう。

何が良くて何が悪いのか?理由を教えるようにしましょう。

挨拶も非常に重要です。

「ただいま」「ごちそうさま」「いただきます」「おはようございます」「こんにちは」「いってきます」「おやすみなさい」といった基本的な挨拶をできるようにしつけることが大切です。

言葉遣いもきちんと教えるようにしましょう。

TPOに合わせた言葉の使い方を教えましょう。

「ありがとう」と「ごめんなさい」をすぐに言えるかどうかは非常に大切です。

どのしつけも受験合格に必要なのはもちろんですが、これからの長い人生においてもとても大切なことです。

子供がお受験を嫌がったら?

その時、無理にでも受験すべきか?それとも止めるべきか?悩みますね。

時期と状況によって親が最終的に判断するしかないのですが、嫌がるのを無理やり受験させるのもどうかと思います。

子供の意思を無視することになるので、子供に悪影響を与えるかもしれません。

子供のためを思ってすることですが、子供がそれを理解することは難しいのです。

子供はお受験したくない理由を言葉で上手く伝えることができません。

そのため、親御さんがどうしてお受験が嫌なのかを考えてあげる必要があります。

もし、お受験が嫌な理由が分かったら、それを解消してあげましょう。

お受験に向けて、再スタートをきることができるかもしれません。

お受験のまとめ

お受験は本人にとってもご家族にとっても一大イベントと言えます。

なかなか思うようにはいかない事も多いかと思いますが、最良の選択ができるよう、早めに相談相手を見つけておくと良いでしょう。

あとは体調管理も忘れずに。

万全の態勢で受験に臨むには、心身ともに健康であることが何より大切です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 東香里水春
  2. ハルカス展望台の3Dマッピング
  3. 鼻の毛穴の開き解消法
  4. ビオチンの美肌効果がスゴイ!
  5. 40代の転職成功のポイント

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 固定電話を利用休止にする方法

    暮らし情報

    実家の使わなくなった固定電話を”利用休止”にして通信費を節約する方法
  2. 楽天koboで電子書籍を買った感想

    エンターテーメント

    はじめて楽天KOBOで電子書籍を買った感想やお得情報
  3. 朝果物ダイエット

    美容と健康

    朝果物ダイエットの正しい方法~効果を高めるフルーツの組み合わせは?
  4. ニュース

    プラズマクラスターに育毛効果!
  5. キッズウィークの開始時期や疑問点について

    ニュース

    キッズウィークとは?開始はいつから?新たな大型連休について疑問点など
PAGE TOP