家族でお出かけ

妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、食事処などの情報

更新日:

妙見の森へ子供とお出かけ情報

5月の新緑の季節、子供と一緒に妙見の森へお出かけしてみてはいかがですか?

妙見の森ケーブル「黒川駅」から能勢妙見山本殿まで子供と一緒に歩いた時のコースの様子について書いています。

特にお子様とお出かけ予定の方はご参考下さい。

妙見の森近くのおすすめの駐車場は?

小さな子供連れだとやっぱり車が便利ですね。

妙見の森へ車で行く際の駐車場は「妙見の森ケーブル」の黒川駅前にある有料駐車場が便利です。

駐車場のすぐ前が妙見の森ケーブルの乗り場です。

黒川駅駐車場

駐車料金は1日700円です。

ただし、駐車できる台数は45台とあまり多くありません。

私は土曜日の12時くらいに着いたのですが、すでに満車でしたので係員の誘導に従って30メートルほど離れた臨時駐車場?に止めました。

その臨時駐車場もあと2台くらいしか止めれない状況でした。

もしも黒川駅の駐車場が満車で止めれない場合は、「山上駐車場」があります。

こちらの駐車場は黒川駅前の駐車場よりも収容台数がかなり多いです。

この山上駐車場から妙見の森リフトの妙見山駅までは徒歩10~15分くらいです。

妙見山は都市部から比較的近い場所で自然を満喫できる貴重な里山です。

紅葉や桜の季節、特に休日は駐車場は満車になる可能性もあります。

駐車場に確実に止めるなら、休日は10~11時ころまでに来るか、15時以降に来ることをおすすめします。

ちなみに、黒川駅駐車場・山上駐車場の2つ以外に周囲に駐車場は無いと思います。

妙見の森ケーブルを降りると徒歩5分でふれあい広場

黒川駅で妙見の森ケーブルの乗車券を購入します。往復乗車券も購入できます。

黒川駅横に公衆トイレがあります。

ケーブルの運行間隔は20分間隔です。

妙見の森ケーブルの車内

毎時00分・20分・40分の発車です。

出発すると、ケーブルはまっすぐの線路をゆっくりと上って行きます。カーブや起伏はありません。

ちょうど真ん中あたりで上りと下りのケーブルがすれ違います。

妙見の森ケーブル線路 ケーブルカーから見える新緑

5月はとくに車窓から見える新緑がとてもきれいです。

山上駅までの乗車時間は5分です。

山上駅でケーブルを降りると(途中に駅はありません)”いろは坂”というゆるい上り坂を5分ほど歩くと”ふれあい広場”です。

いろは坂

”バーベキューテラス”へもこの”ふれあい広場”を通って行きます。

今日はバーベキューに来ていた家族連れも多かったようです。

ふれあい広場にはアスレチックやシグナス森林鉄道、かわらけ投げなどがあり、たくさんの子供たちが楽しそうに遊んでいました。

シグナス森林鉄道(有料)は妙見の森の自然の中を走ります。

大人も子供も乗っていましたが、一度にたくさんは乗れません。

シグナス森林鉄道の駅 妙見の森シグナス森林鉄道

かわらけ投げは3枚100円です。

かわらけとは素焼きの小さなお皿のようなものです。

また、散策できる小径があり、その途中、自然の中に作られたアート作品がいくつかあり、これも見ていて楽しかったです。

山上のブランコ 小径にある北極星入口駅

小径は山の中を歩くハキングコースですが、1週15分~25分程度なので小さな子供との散策にもおすすめです。

ふれあい広場にはベンチがたくさんあるので、お弁当を食べている家族もいました。

お弁当を持っていかなくても”森のカフェあじさい”で麺類やカレーなどの軽食が食べれます。

森のカフェあじさいはふれあい広場にあります。

私と子供も、”森のカフェあじさい”でお昼を食べました。

カレーと焼きそばを食べましたが、いずれもとてもおいしかったです。

ただし、”森のカフェあじさい”は土日祝のみ営業です。

また、他に食事ができるところや売店のようなものはありませんでした。

飲み物の自動販売機はありましたが、水筒かお茶などを持参することをおすすめします。

ふれあい広場にある”妙見の水”は常に出ていて、自由に無料で飲むことができます。

妙見の水は無料で飲めます。

せっかくなので、私も飲んでみましたが、地下水のあの”冷たさ”はありませんでした。

この日は風が冷たく感じることもあったせいか、他に”妙見の水”を飲んでいる人はあまり見かけませんでした。

この”妙見の水”を持ち帰る際は容器(ペットボトルなど)を事前に準備して行きましょう。

ふれあい広場にも公衆トイレがあります。

一通り時間を過ごした後はリフトで山上へ行きました。

妙見の森リフトで山上へ行き、妙見山本殿へ

リフト券売り場で往復券を購入して、山上にある妙見山駅へ向かいました。

ケーブルとは違ってリフトは、新緑の風や空気などを肌で感じることができて、とても気持ち良かったです。

妙見の森リフト

12分間の空中散歩といった感じです。

リフトに乗る時も降りるときも係員さんがていねいに誘導してくれるので、リフトが初めての子どもでも安心です。

うちの子供も初めてのリフトに大喜びでした。

リフトの妙見山駅から山道を10分くらい歩くと山上駐車場があります。

山上駐車場とは反対方向に星嶺(せいれい)から能勢妙見山本殿へと続く大きな鳥居と階段があります。

能勢妙見山の鳥居 能勢妙見山への入口

この大きな鳥居から妙見山本殿までは徒歩15分くらいです。

ここからは階段や起伏が続きますので、ベビーカーでは通りにくいです。

能勢妙見山本殿へと続く階段

人の姿はまばらで、子供の姿はほとんどありませんでした。

途中にある「信徒会館 星嶺(せいれい)」の中に入ることはできませんでした。

星嶺(せいれい)

ここ星嶺を過ぎると本殿までもう少しです。

上の写真の階段を下りて、右手に行くとすぐ本殿です。

本殿(下の写真)でお賽銭を入れて、子供といっしょに開運を祈りました。

ふれあい広場とはうって変わって、本殿付近は静かな時間が流れているといった感じでした。

能勢妙見山本殿

都会の喧騒を忘れさせてくれる瞬間でした。

静寂の中、お坊さんのお経を唱える声が印象的でした。

ちなみに、本殿の内側(中)は撮影禁止です。

ゆったりとした雰囲気の中でお参りを済ませ、元来た道を戻ってリフト乗り場に戻りました。

下りのリフト、ケーブルともに上りの時とまた違った景色が楽しめて楽しかったです。

妙見の森まとめ

妙見の森の豊かな自然は、普段都会に住む私たちにとってはとても新鮮でした。

とても気持ちのいいお天気でしたが、ケーブルに乗って山上駅で降りた時に風が少し冷たく感じました。

妙見山駅でリフトから降りた時は、さらに空気が冷たく感じました。

子供連れには”ふれあい広場”で過ごすのがおすすめです。

”ふれあい広場”へ行くなら、妙見の森ケーブル黒川駅前の駐車場に止めても、山上駐車場に止めてもどちらでもいいと思います。

また、妙見の森ケーブル山上駅には”足湯”があります。一人100円です。

地下水をくみ上げて、温めているそうです。

大人も子供の自然が満喫できる妙見の森、新緑の季節に車でおでかけしてみてはいかがですか?

こちらの記事もおすすめ

[clink url="http://eventtrenddiary.com/mino/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/nintoku/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/kobe-animalland/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/takedao/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/strawberry/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/sakura-info/"]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-家族でお出かけ
-, , ,

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.