メタボ腹囲解消法について

美容と健康

メタボ腹囲を解消する方法は?40代男性の為の短期間ダイエット

会社の健康診断で「メタボリックシンドロームです。」または「メタボ予備軍です。」という診断結果が出てしまった方へ。

特に40歳を超えると、メタボ腹囲に悩む男性は多いようです。

生活習慣病ともいわれる”メタボ腹囲”を効率的に解消する方法について調べてみました。

メタボ腹囲解消法

メタボ腹囲解消の第一歩は運動から

メタボと診断されても、自分がメタボ腹囲であるという実感がわかないという方も多いのではないでしょうか?

それまでダイエットとは無縁だった人でも、メタボの疑いがあるのであれば、食事改善や運動不足の解消をする必要があります。

メタボリックシンドロームと聞くとピンと来ないかもしれませんが、内臓脂肪症候群と表現すると、重篤な疾患のようにも感じるものです。

内臓脂肪が増加すると、内臓の働きが鈍る可能性がありますし、高血糖や、高血圧を起こしやすくなります。

体脂肪には、外部の刺激に対する緩衝剤になったり、体温をキープする皮下脂肪と、活動エネルギーになる内臓脂肪とがあります。

だから、メタボであるのなら、すぐにでもダイエットをはじめることを考えましょう。

肉類や、油ものの食事から、野菜や海草を多く使った食事に切りかえましょう。

洋食から和食への切りかえを意識することでカロリーオフが可能です。

ダイエットは継続することが重要で、できれば毎食、少しでも完璧に近い食生活をすることを目指しましょう。

メタボ解消に取り組むには適度な運動も効果的ですが、だからといってジムにまで行こうとすると続けるのは難しいのではないでしょうか。

自宅の周囲のウォーキングや、通勤、通学で公共交通機関や自家用車を用いる距離を短くしてその分たくさん歩くこともメタボ予防になりえます。

ダイエットでメタボを解消することは、一般的なダイエットよりも大変なことなので、根気よく続けていくことが重要です。

毎日欠かさず続けられるダイエット方法を見つけることが、メタボ解消の第一歩と言えます。

40歳過ぎてからのメタボ腹囲解消法

積極的に体を動かす機会が少ない生活をおくっていると、特に40歳を過ぎていつの間にかメタボ腹囲になってしまいがちです。

運動量を増やして、体脂肪の燃焼を促進したいと思っていても、いざジョギングをしてみると、長続きできず意志力が尽きてしまう人もたくさんいます。

メタボになると、コレステロールや中性脂肪が異常に多い高脂血症のほかにも、高血圧症や高血糖症といった症状が現れる可能性が高まります。

体質改善に取り組み、メタボ体質から脱却するには、ダイエットが適しています。

どういうダイエットを実践することが、メタボの解消につながるでしょう。

率先して取り組むべきことは、食事内容を見直すことです。

一日三回の規則正しい食事が大切です。

お酒を飲み過ぎたり、時間外の食事を摂ることはやめましょう。

運動もダイエットには必要ですが、もしもメタボ気味な体型なら、食事に原因がある可能性があります。

普段の食事で食べ過ぎていると思う人は、自分の食生活を見直してみましょう。

年をとると太りやすいのは、年齢と共に新陳代謝が下がっていくことがあります。

新陳代謝の高い体質になるには運動量を増やし、より筋肉の多い体をつくることが効果が高いと言われています。

40歳過ぎてからのメタボの解消には基礎代謝のアップが大切であり、基礎代謝を高めるには筋トレによる筋肉増強がお勧めです。

食事メニュー見直し方のコツ

40歳を過ぎたあたりから、ダイエットをしてメタボ予防に取り組んだり、メタボ腹囲解消に励む人が増えています。

メタボとはメタボリックシンドロームを指しており、体脂肪や腹囲が増えて健康を損なう可能性がある状態のことです。

単なる肥満で済む話ではなく、適切にダイエットに励まなければ、更に重篤な身体の異常を引き起こしかねない危険な状態と言えます。

しかしメタボ体型に陥ってしまうまでに、慣れ切った生活習慣を変えて、ダイエットに励むことは、言うほど簡単なことではありません。

メタボ解消のための食事にすることが、第一の課題です。

これまで、カロリーの高い肉料理や油をふんだんに使った料理を食べていた人が、野菜や魚中心の食事にすることは大変なことです。

そこで、美味しく食べながらも脂質や糖質、カロリーを減らす食生活のコツを考えてみたいと思います。

肉と似た食感や見た目の食材を使った料理で、カロリーを減らすというやり方があります。

厚揚げや豆腐など大豆を使用した食材は、工夫すれば肉に似た食感を得ることができて、満足感もあるでしょう。

そうすることで低カロリーでメインの料理にもなり、メタボ体型改善のためのダイエットに繋がるのではないでしょうか。

食事メニューの見直しによってメタボ体質を脱却するには、食べ物の味のつけ方も大切です。

調理に油を使いすぎないだけでなく、塩や砂糖、醤油の使用量も控えることも、メタボ解消には重要です。

毎日食べるものを少しずつ薄味にするといった工夫を心掛けると、塩分、脂質、糖質の減少に繋がり、無理なくお腹周りを引き締めメタボ腹囲も解消できるのではないでしょうか。

短期間で痩せる為の仕組み

食事の内容

もしもダイエットによって短期間でメタボ腹囲を解消したいなら、食事量を減らすことと、糖質の少ない食事をすることです。

このダイエット方法では、タンパク質や脂質を考慮しない為、お腹いっぱいになるまで食べることも可能です。

食事で得たエネルギーは、1日の活動や生命維持に使われていますが、余った分は体脂肪となり、貯蔵用エネルギーとして据え置かれます。

反対に糖が足りないと、身体に貯め込まれていた体脂肪が分解され、糖になって脳に必要なエネルギーとして送り出されていきます。

脂肪から糖に変化させて、エネルギー消費するというサイクルを作り出すのが、短期間で痩せるための理論的な仕組みです。

メタボ腹囲解消のために短期間でお腹を引っ込めたいという人がいたら、注意事項があります。

普段は、食事から摂取した糖を使っていますが、足りなくなると体脂肪が消費され、さらに足りなくなると筋肉が消費されます。

筋肉が減ると基礎代謝量も減少してしまい、痩せにくい体になるので、ダイエットには逆効果になります。

基礎代謝の低下は筋肉の衰えに密接に関わっていますので、筋肉が弱まることがないように、日々の筋トレに力を入れましょう。

カロリーを摂りすぎないように糖質の摂取に配慮しておくことで、ダイエット効率がアップします。

更に筋トレなどの運動を追加することで消費カロリーが増加するので、短期間でもかなり痩せることが可能になります。

人間の体から脂肪が除去される仕組みを知っておくことで、成功率の高いメタボ腹囲解消ダイエットを実践することができるでしょう。

短期間で激やせするコツ

季節が夏に近づくと薄着になる機会が多くなるため、自分のお腹周りを気にし始める男性も少なくありません。

それまで体重に気を回していなかった場合、急激にダイエットをする必要に迫られたりもします。

今からのダイエットでは遅すぎるとがっかりしてしまう人もいますが、限られた期間内でのダイエット方法もあります。

今すぐにでも痩せることができれば、夏の服の着こなしや、マリンレジャーを満喫することも可能になるでしょうし、メタボ腹囲解消のきっかけにもつながるでしょう。

短い期間内で激やせをすると、反動からリバウンドする可能性もありますので、配慮しておきましょう。

後先考えず、目前のこの日だけは痩せたいという人のためのダイエットをご紹介します。

ダイエットに取り組む期間を一週間に設定して行う上で、最も重視したいことは、食事内容になります。

夕食以降の食事は体重増加の原因になりますので、18時を過ぎたら食事をしないといった決まり事をつくりましょう。

朝食と、昼食はダイエットを意識した低カロリーのメニューにすることが、激やせに有効です。

野菜や海草をメインにした食生活にシフトし、豆腐やこんにゃくなどカロリーの低い食材を使いましょう。

カロリー摂取量を減らすことができれば、激やせ効果を得ることが可能になるでしょう。

1日に消費するカロリーを多くするために運動量を増やせば、食事を減らすことに加えて、激やせ作用を高めることができます。

激やせのデメリット

より美しくなるために、激やせをしたいという思いから、ダイエットをしている女性がいます。

細い腕や脚、スリムな体型なら、確かに着れる服は増えるし、魅力的に見えるようになるでしょう。

しかし、体に大きな負担がかかるようなダイエットをして、激やせするには危険が伴うことを理解しておくことが必要です。

一般的には、ダイエットを成功させたいなら毎月の減量は自分の体重の5%までという目安があるようです。

体重の5%はずいぶんと少ないと感じるかもしれませんが、それ以上になると体が危険を察知して、逆に痩せなくなります。

ダイエット中に健康状態を悪化させると、その時点でダイエットへの取り組みが終わることになります。

体重を減らすための激やせは、しないで済むならそれに越したことはありません。

激やせすると確かに見た目に大きな変化があり、効果を実感することができますが、同時にリバウンドをする可能性も高まります。

リバウンドをする人に共通しているのは、短期間で激やせしたケースです。

短い期間での激やせは、ほどなくして減った体重が元の状態に戻ってしまうため、結果的に余計太ったという人もいます。

激やせするダイエットによって体重を減らすことだけではなく、減った体重をキープすることも大切です。

ダイエットを達成して激やせを実現するには、激やせにこだわらず、根気よく毎日続けていくようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 大阪北部地震震度6
  2. 東香里水春
  3. ハルカス展望台の3Dマッピング
  4. 鼻の毛穴の開き解消法
  5. ビオチンの美肌効果がスゴイ!

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 今城塚古墳見学ガイド

    家族でお出かけ

    今城塚古墳・今城塚古代歴史館の見学ガイド~無料駐車場・アクセスについて
  2. 初日の出スポット

    暮らし情報

    地域別 初日の出定番スポット 2017年
  3. ヨガでウエストのくびれは作れる?

    美容と健康

    ヨガでくびれは作れるのか?本当に痩せるエクササイズを調査!
  4. かぐはし神社で初詣

    イベント・催事

    香具波志神社へ初詣に行きました。平成29年元旦。
  5. バレンタインチョコ

    イベント・催事

    バレンタインデー最新事情2017~チョコはやっぱり手作り?男性の本音は?
PAGE TOP