ルテインサプリメントとヘム鉄サプリメント

美容と健康

目に効果があるルテインと鉄分不足を簡単解消できるヘム鉄サプリメント

数あるサプリメントの中でも、特に疲れた目に有効なものとしてはルテインが知られています。目の健康を保つには一定量のルテインが目の中にあることが重要であり、ルテインが足りないと目によくありません。緑内障などの目のトラブルにルテインを出す国があるというほど、ルテインは目にいい成分です。
鉄分のサプリメントも人気ですが、鉄分は大きく分けるとヘム鉄と非ヘム鉄に分かれます。主な違いは、非ヘム鉄はほうれん草やひじきのような植物から摂取できる鉄、ヘム鉄はカキやレバーといった動物由来の鉄分です。吸収率に違いがあり、吸収率が高いのはヘム鉄で、非ヘム鉄の5〜6倍も吸収がよいといわれています。サプリメントを購入する際には、ヘム鉄なのか非ヘム鉄なのかも目安にすることをおすすめします。

目の健康に欠かせないルテイン

サプリメントでルテインを摂取して目の調子を整えるという方法は日本でも盛んに行われています。目を使った作業に従事することが多い人は、ルテインのサプリメントが役立ちます。ルテインのサプリメントはあくまでも健康食品であり、薬品ではありません。病気回復に用いるものではないものの、ルテインを摂取することで目の健康促進に効果が発揮されると言われています。ルテインのサプリメントにもメーカーによって色々な商品がありますのて、どれを使おうか迷ってしまうという人もいます。個々のサプリメントの違いは形状や大きさだけでなく、有効成分の量などもあります。一日に、どのくらいのルテインをが摂取できるサプリメントなのかを、購入時にはきちんとチェックしましょう。手軽にサプリメントが飲めるからと、正しい用量を守らずに、飲み過ぎて体調を崩す人がいます。サプリメントの商品に記載されているルテインの摂取量を守って利用することが必要です。
抗酸化効果のあるルテインは眼の黄斑の部位や水晶体にあるとても大事な成分と言われています。目への負担になるブルーライトが届かないように遮ってくれるルテインは天然のサングラスともいいます。ルテインを摂取することで白内障対策や黄斑変性症対策効果があるといいます。多くの人がルテインサプリメントを利用している背景には目を使う作業頻度が増えていることがあります。食事ではカボチャやニンジン、ホウレンソウなどにルテインが多く含有されています。サプリメントを活用することで、食事だけでは不十分なルテインを補給することが可能になります。眼科の医師の中には、目の疾患を防ぐためにルテインサプリメントを勧める人もいます。多くの場合、ルテインサプリメントの原材料には、フリー体ルテインか、ルテインエステルが使われています。精製されていないルテインエステルだと酵素で分解してしまうことがあるようです。精製してあるフリー体ルテインなら、サプリメントに使われている状態のままで体の中に取り込まれ、機能すると言われています。サプリメントに含まれているルテインを効率的に体の中に取り入れたい場合は、フリー体ルテインのサプリメントが良いでしょう。
目の健康を守るために必要なルテインは、目の黄斑部や水晶体に必要な成分です。緑黄色野菜や、イエロー系の花に存在しています。マリーゴールドはルテインのサプリメントの原料としてよく使用されています。毎日十分な量の緑黄色野菜を食べないとルテインが不足しがちです。サプリメントなら食事が不規則な人でも手軽に摂取できるので、手間なくルテインを補給できます。目の健康のためにルテインのサプリメントを購入する際には、気をつけたいことがあります。ルテインサプリメントは様々なメーカーが販売しているため商品種類がとても豊富です。複数のルテインサプリメントを比較する時には、ルテインの含有量が重要になってきます。同じルテインのサプリメントでも商品によって配合されている量は異なるので、購入する際には確認するようにしましょう。一日の必要摂取量はルテインなら6mgであり、眼病対策には10mgのルテインの摂取が望ましいといいます。サプリメントを購入するときは価格だけでなく、ルテインが配合されている量にも注目して選ぶようにしましょう。

ヘム鉄と非ヘム鉄

女性の中には、鉄分不足が原因で体調を崩しやすいという人もいるようです。常に身体の鉄が不足しているという人や、極端な食事制限をして鉄が足りなくなったという女性もいます。けれども、日々の食事だけで鉄分を補給することはなかなか大変です。レバーは鉄分が豊富だと言われていますが、独特の風味が好きになれないという人もいます。鉄分不足の対策にヘム鉄のサプリメントを使う人もいます。ヘム鉄は体内に吸収されやすいので、鉄分不足を速やかに補うことができます。健康を維持するために必要な鉄分が不足していたという人はヘム鉄のサプリメントがおすすめです。ただし、病院で処方されている薬を飲んでいるという人は、ヘム鉄サプリメントを摂取しないほうがいいこともありますのでご注意下さい。
サプリメントで鉄を摂取する場合、摂取できる鉄がヘム鉄か非ヘム鉄かが重要です。鉄分は赤血球のヘモグロビンを作るために必要な栄養成分で、不足をすると鉄欠乏性貧血になってしまいます。ヘモグロビンは血液に乗せて酸素を身体に運ぶという役割を持っており、鉄分が足りないと体が酸素不足になります。レバー、あさり、ホウレンソウなど鉄分が含まれている食材は色々なものがありますが、毎日食べ続けることは困難です。サプリメントは、食事から必要な栄養が確保できない時に役立ちます。同じ鉄分のサプリメントでもヘム鉄と非ヘム鉄の種類があるので、購入する際はどちらの鉄が使用されているのかを確認しましょう。植物に存在している鉄分は非ヘム鉄である可能性が高く、動物から摂取できる鉄分はヘム鉄であることが多いようです。安いサプリメントは非ヘム鉄を使用している可能性があります。非ヘム鉄のサプリメントの場合、含有量が多いとしても、吸収効率があまりよくないという弱点があります。ヘム鉄のサプリメントなのか、非ヘム鉄のサプリメントなのかは商品の説明欄にしっかりと書いてあります。また、ヘム鉄が使われているサプリメントでも配合されている分量が極端に少ないこともあるので要注意です。適切なヘム鉄のサプリメントを選択することで、健康な体づくりに役立てることができます。
非ヘム鉄は、ピロリン酸鉄やクエン酸鉄と原材料名に記載されているので簡単に見分けることができます。ただし、ヘム鉄が含まれているサプリメントであるかのような書き方がしてあっても、配合量をチェックすると非ヘム鉄のほうが圧倒的に多いようなサプリメントもあるようです。ビタミンCは、鉄分を身体に吸収する時の効率を高めてくれます。鉄分を多く含む食事をする時には鉄が吸収されやすいようにビタミンCのサプリメントを一緒に飲むという方法もあります。鉄分とビタミンを同時に摂取できるサプリメント商品もあります。サプリメントは医薬品と比べて副作用は少ないですが、必ずしも安全という訳ではありません。過剰に鉄分を補給すると身体によくない影響が出る場合もありますので、きちんと用法用量を守って利用するようにしましょう。

こちらの記事もおすすめ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 東香里水春
  2. ハルカス展望台の3Dマッピング
  3. 鼻の毛穴の開き解消法
  4. ビオチンの美肌効果がスゴイ!
  5. 40代の転職成功のポイント

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 瀬山まどかさんについて

    エンターテーメント

    瀬山まどかの身長体重は?すっぴんは可愛い?高校や彼氏の噂も調査!
  2. いぬやしき第9巻のネタバレと感想

    エンターテーメント

    いぬやしき第9巻のネタバレと感想~さっそく読みましたが・・・
  3. 情報商材のアフィリエイト

    暮らし情報

    アフィリエイトするなら1個売って5千円以上の報酬が発生する商品を選ぶべき!
  4. 高齢者におすすめの栄養補助食品

    美容と健康

    高齢の方にこそおすすめする栄養補助食品の選び方のコツは?
  5. サーマクールとフォトフェイシャルの美容効果

    美容と健康

    サーマクールとフォトフェイシャル
PAGE TOP