暮らし情報

住宅ローン審査に通りやすくなる条件やクレカとの関係は?

更新日:

住宅ローン審査に通りやすくなる条件は?

ぜひ知っておきたい住宅ローン審査について

住宅ローンの申し込み時の審査については、他の借り入れがあるとやはり不利になるのでしょうか。新居を購入し、住宅ローンの返済に毎月お金を使うことと、アパート生活を続けて毎月家賃を払うこと、結果的にはどちらがお得なのかを考えてしまう人はいます。マイナス金利での融資が継続しているこのタイミングで新しくローンを組めば低金利で借り入れが可能ですので、住宅ローンにはちょうどいいという考えもあります。新規でローンを組む時には、審査を受けることになります。金融会社による審査で高い評価を得るためには、返済中のローンがあるなら、全額返済し終わって返済実績をつくってからのほうがいい結果につながります。金融会社は審査の際に他社借入件数や返済履歴を確認します。クレジットカードやキャッシングの利用履歴などは、全情報が開示されます。金融会社は、まとまったお金を貸すことになるので、返済能力に不安のある人には貸したくないと思うものです。住宅ローンを組む予定の金融機関のカードローンの借り入れは、審査で不利にならないケースもあります。銀行サイドからすれば、金融機関のカードローンなら保証会社の保証があるので、住宅ローンの融資に支障になることがないと考えます。貸したお金を常に返済できている顧客なら、信頼できる相手と見なされますので、審査にいい結果になることもあります。カードローンの融資を受けていた金融機関で、住宅ローンの融資を受けると金利が有利になるということもあるので、今まで銀行などのカードローンを使っていた人は、同じ金融会社の住宅ローンにするのはいい考えです。反対に、消費者金融会社や信販会社のキャッシングを利用していたなら、できるだけ返済を終わらせておきましょう。完済を急ぐことは大変な面もありますが、住宅ローンの審査に通るには、返済中の金融サービスは終わらせたほうが無難です。

他のキャッシング会社から融資を受けていると、住宅ローンの審査は断られてしまう可能性が上がるものでしょうか。金融会社ごとに審査の内容が設定されており、結果の出方も違います。基本的に、審査に通りやすい状況をつくるためには、収入を上げるか、返済中のローンをなくすことです。完済が終わっていない金融商品は何もないという状況をつくることがポイントです。別の金融会社から融資を受けたことがある人でも、住宅ローンの審査を受けること自体に、何も問題はありません。今まで、キャッシング融資を受けたことがある人の中には、金融会社から融資を受けたことがあることが知られると、住宅ローンを受けづらくなると思っている人もいますが、そんな事実はありません。かつて、金融会社からお金を借りて、期日通りの返済ができなかった経験があるという人は、情報が残っている可能性があります。その場合、信用能力に不安がある顧客と判断されてしまいます。キャッシングの審査では、かつて、借りたお金を期日通りに返済したことがあるなら、問題はありません。借りたお金を、期日どおりに正しく利息をつけて返済しているなら、住宅ローンの審査では望ましい客と判断されたりもします。今まで金融サービスを使ったことがあるといっても、住宅ローンが利用できる見込みは十分にあるでしょう。まとまったお金を金融機関から借りていて、完済に至っていないという人は、住宅ローンの審査に通りづらくなってしまうものですので、金融機関から借りたお金は返しておいてください。銀行の住宅ローンに申し込みをする場合、キャッシングの返済中だと審査が不利になる可能性が高いため、まずは借入中のキャッシングを返し終わってから申し込むといいでしょう。

多くの人が、新たに家を買う時には、まとまったお金を確保するために住宅ローンを組んでいるようです。金融機関からの融資には必ず審査がありますが、誰もが審査を突破できるとは限りません。審査の基準は金融会社によって違っていますが、どの金融会社でも断られる理由に、ブラックリストがあります。ブラックリストとは実在する人名帳のことではなく、信用情報会社に記録されている情報の内容によって、こういう言い方をします。金融会社からお金を借りたときに、決まった日までの返済ができなかったという履歴がある人が対象になっています。お金を返しきれず、債務整理の手続きをした人もブラックリスト扱いです。信用情報会社が管理している記録は、延滞などは5年、自己破産は10年、経過しないと消えません。多くの銀行は、信用情報会社に延滞や、自己破産の情報があるような人には、融資をしません。また、消費者金融会社に対して、限度額いっぱいの融資を受けている人が、住宅ローンの審査を受けても、まず通ることはありません。派遣社員や、アルバイト、勤続年数が少ない人なども、信用能力が足りないものと判断されます。住宅ローンの審査に通りやすい人とは、今の会社の勤続年数が長い人や、収入が高く安定している人です。住宅ローンの融資を行う側からすれば、貸したお金を毎月しっかりと返済してくれる人であることが、住宅ローンの審査でOKが出るかの境目といえます。

新しく家を買いたいと思っているけれど、資金不足で買えないという人は、珍しくはありません。条件次第で、手持ちの資金だけで購入可能な家も存在しているでしょうけれど、大抵の人は住宅ローンを利用して、家を買う資金を調達しています。担保を用意することで、まとまった金額が借りられます。返済不能状態になった時などのために、売却して返済資金に充当しても構わないものを設定しておくというものです。ローンを組む時には担保があれば条件が緩和されたり、借りやすくなります。担保は、物的担保と、人的担保の2種類です。人的担保とは、自分自身がローンを返済することができなくなった際に、代わりに返済を行う人間を確保しておくことです。担保として人を使う時は連帯保証人といい、何らかのトラブルが起きた時に代わりに返済をしてくれる人となるので、家族などに頼みます。土地や建物、価値ある美術品などを担保にする時は物的保証となります。土地や家が住宅ローンでの物的担保になることが多く、担保にしたものの評価価格が審査の結果に影響します。高額融資を受けたいという人や、完済まで時間がかかるけれど、今、借りたいという人には、担保を入れてお金を借りるという方法が一般的です。不動産を担保に融資を受けることが多い住宅ローンは、普通のローンよりも高額の貸付金利が利用できることがあります。いずれにしても、住宅ローンの申し込みをする際には担保が必要になるので、予め準備しておくことをおすすめします。

人生で一番大きな買い物と言われているマイホームは、住宅ローンを利用して購入する場合がほとんどです。いつかはマイホームを持ちたいと考えている人は少なくないでしょう。多くの人が、これまで買ったことがないほどの大きな買い物を経験するのが、家を買う時だったと言うようです。特に資金面においては、ほとんどの人が住宅ローンを組んで、長期間に渡る返済生活を送ることになります。担保となる土地や建物がなければ、住宅ローンの融資は組めないという金融機関が、多いようです。基本的には担保として使うものは、土地や家などの評価価値があまり動かないものです。もちろん、土地や物件も担保として有効ですが、物的な担保以外にも実は人的担保というものがあります。人的担保というのは、いわゆる保証人や連帯保証人、連帯債務者といわれるものです。一旦組んだ住宅ローンの返済が行き詰まってしまった場合に、連帯保証人に返済の責任が生じることがあります。この人的担保は誰でもなることができるわけではないので、予め準備をしておきましょう。債務者の代わりに返済が続けられるような人でなければ人的担保として認められませんので、審査ではその点を確認されます。担保として保証人をお願いする以上は、問題が起きた時に巻き込んでしまう相手になりますので、慎重に選ばなけれぱなりません。

持ち合わせの現金では到底足りないけれども、今すぐにでも買いたいというものがある時には、一体どうすればいいものなのでしょうか。手持ちの現金が不足している場合は、ローンを組んで資金を調達することが可能です。車を買う時や、大型の家電が欲しい時は、どうしてもまとまったお金が必要です。もっと高い買い物としては、住むための家を買うために購入資金が必要になるということもあるでしょう。お金の持ち合わせがなくてもローンを使えば借りることができますので重宝しますが、ローンは金利に基づく利息がつきますし、借りたお金は必ず返さなければなりません。ただし、誰もがローンを組んでお金を借りられるというわけではなく、ローンには担保が必要なときもあります。借り入れ金額がそれほど大きくなければ、無担保で借入もできますが、担保があれば金利がより安くなるというケースもあるといいます。担保を入れてローンの手続きをすることで、金利が安くなって、結果的にお得なローンの使い方ができたという人もいます。不動産を買う時には、その不動産に対する抵当権がつくられるものです。不動産そのものが、ローンの手続きをする時に担保として機能するという仕組みになるわけです。ローンの担保になった不動産は、完済が確認された時に担保ではなくなります。ただし、返済途中でお金が返せなくなった時には、担保になった不動産が人手に渡ってしまいます。いずれにしろ、不動産を担保としてローンを利用する時は、高額な借り入れや担保についてのリスクを理解しておく必要があります。

こちらの記事もおすすめ

[clink url="https://eventtrenddiary.com/houseloan/"]

[clink url="https://eventtrenddiary.com/sokujitu/"]

[clink url="https://eventtrenddiary.com/matomelone/"]

[clink url="https://eventtrenddiary.com/webcashing/"]

[clink url="https://eventtrenddiary.com/myhome/"]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-暮らし情報
-,

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.