花粉症の原因と対策

美容と健康

花粉症のつらい症状、鼻水・咳やのどの痛みを予防・改善する方法

毎年、年が明けた1月頃から花粉になやまされるという方も多いのではないでしょうか?

花粉症の症状は人によって違いますが主な症状は以下の通りです。
・くしゃみ
・鼻水
・鼻詰まり
・目のかゆみ
・目の充血
・涙が出る
・せき
・のどの痛み

まず、くしゃみや鼻水、鼻詰まりといった症状は鼻の粘膜に付着した花粉を体外に出そうとする為に起こります。

特徴的なのは花粉症の場合、くしゃみの回数が多いだけでなく、連続する、というところです。

また、鼻水は風邪の時のように粘り気はなく、サラサラしています。

さらに、目のかゆみ、充血、涙といった症状が出る場合もあります。

目がかゆくなる原因は免疫反応によるものですが、掻くとさらにかゆみが強くなったり、角膜を傷つける恐れもありますので注意して下さい。

また、花粉症によってのどの痛みや咳を伴う場合もあります。

花粉症と風邪の症状は似ていますので、自己判断ではなく、医師に診てもらうことをおすすめします。
スギ花粉症

処方薬について

花粉症で処方される薬にh主に、抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬・ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)などがあり、

アレルギーの原因物質であるヒスタミンの働きを抑制するのが抗アレルギー薬です。

花粉が飛び始める2週間前くらいから服用を始めて、花粉の飛ぶシーズン中も飲み続けることで花粉症の発症を抑えることができるでしょう。

抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを抑制する働きがあり、重い症状の時に処方されるようです。

効き目が早い為、すぐにくしゃみや鼻詰まりなどを抑えることができます。

ただし、抗アレルギー薬と比較すると持続時間が短いというデメリットもあります。

眠気や体のだるさといった副作用があります。

ステロイドは、目や鼻の粘膜の炎症を和らげる薬です。

点眼や点鼻薬として使用されることが多く、効き目が非常に強いと言えるでしょう。

自分でできる簡単花粉症対策

医療機関や薬に頼らず、自分でも簡単にできる花粉症対策をいくつかご紹介したいと思います。

・テレビや新聞などで花粉情報の確認
・外出時は花粉が付きにくい服装を選ぶ
・室内に花粉を持ち込まない
・洗顔やうがいで花粉を体内に入れない
・こまめに部屋の掃除をする
・空気清浄機や加湿器を使用する
・毎日お風呂に入る
・布団を外に干さない

まず、テレビや新聞などで花粉の飛散情報を確認して、状況によっては外出を控えるようにしましょう。

外出の際はマスク、メガネなどを装着して花粉が体内に入らないようにすると同時に、花粉が付着しにくい衣類を着るようにしましょう。

室内にできるだけ花粉を持ち込まないようにするため、玄関で花粉をはらってから入室しましょう。

洗顔やうがいをして、体内への花粉の侵入を防ぐことも大切です。

室内を掃除機したり、空気清浄機を使用するのも良いでしょう。

そして、毎日お風呂で体や髪の毛に付いた花粉を洗い流しましょう。

花粉が多い時期は布団を外に干すのは控えましょう。

自分でも簡単にできる対策は結構ありますので、色々試してみてはいかがでしょうか。
ポケットティッシュ

空気清浄器は花粉症に効果がある?

花粉症対策として空気清浄機を部屋に置いている人も多いのではないでしょうか?

空気清浄機には花粉を集塵・除去する機能が備わっているものもあり、花粉症の症状を緩和することが期待できます。

外出する時はもちろん、自宅にいても花粉対策を意識したいものです。

その理由は、外出から帰った時に花粉が衣服や髪の毛などに付着していることもありますし、窓から花粉が家の中に入ってくることもありうるからです。

そうすると、家の中でも花粉症に悩まされることになりかねません。

自分でも気づかないうちに家の中に花粉を持ち込んでしまう可能性がありますので、空気清浄機で室内の花粉対策をするのは効果的と言えるでしょう。

空気清浄機を選ぶ際は、花粉症対策になるのかどうか?をしっかり確認してから買うようにしましょう。

また、実際に利用している人の口コミをネットなどで調べて参考にするのも良いでしょう。

春以外の花粉対策について

花粉症というと、春のイメージが強いのではないでしょうか?

春になると、スギやヒノキの花粉が多くなるので、花粉症対策をするという方が多いでしょう。

しかし、秋や冬でも花粉は年中飛散しているのです。

秋や冬に花粉症の症状が出たとしても、みなさん風邪だと思ってしまいがちです。

春以外の季節でも、花粉症になる可能性はあるのです。

春先の花粉症に比べると症状が軽いため、花粉症だと気付かない人も少なくありません。

もし、秋や冬に熱が無いのにも関わらず、咳やくしゃみが止まらない、という症状の場合は、医療機関で診察を受けることをおすすめします。

花粉症を抑える注射とは?

花粉症の治療というと薬物療法が一般的ですが、最近は注射による治療法もあります。

注射の種類によっては1回で一定期間~花粉症シーズン中に渡って、花粉症の症状を抑えることができるものもあります。

通常、花粉症を発症すると薬を服用したり、点鼻薬を使用します。

また、症状が重い場合は、通院も必要でしょう。

ただ、薬を使用すると一番心配なのが副作用です。

眠気を感じたり、だるさを感じてしまい、仕事や運転などに集中できないケースがあります。

しかし、注射による花粉症治療であれば、一度~数回注射することによって花粉シーズン中、症状を抑えることができます。

そのため、花粉症に悩まされている人は、注射も花粉予防対策の選択肢に入れるとよいかもしれません。

ただし、副作用もありますので、必ず医師からの説明を受け、納得した上で判断するようにしましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 東香里水春
  2. ハルカス展望台の3Dマッピング
  3. 鼻の毛穴の開き解消法
  4. ビオチンの美肌効果がスゴイ!
  5. 40代の転職成功のポイント

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 五月山動物園

    家族でお出かけ

    五月山動物園とハイキングコース情報
  2. ビオチンの美肌効果がスゴイ!

    美容と健康

    ビオチンの美肌効果は本当にすごい?シミくすみの改善方法もチェック!
  3. 新中3の勉強法について

    子供

    新中3生 春休みからの勉強の仕方~高校合格に向けて~
  4. キッズウィークの開始時期や疑問点について

    ニュース

    キッズウィークとは?開始はいつから?新たな大型連休について疑問点など
  5. 炭酸を使った化粧の落とし方

    美容と健康

    炭酸を使った化粧の落とし方初心者向けと肌の色を白く保つ方法
PAGE TOP