下腹部痩せ方法

美容と健康

下腹部がみるみる痩せる!?簡単エクササイズや筋トレを調査!

下腹部のぽっこりが気になる方へ。

お腹は体の中でもとくに贅肉がつきやすく、落ちにくい部位と言われています。

ポッコリ出たてしまった下腹部をできるだけ簡単に効率よく痩せる方法、エクササイズや筋トレ、運動方法や注意点について調べてみました。

40代でも大丈夫!下腹部痩せの方法

運動で下腹部痩せするためのコツ

ぽっこり出てしまった下腹部を痩せたいという動機から、ダイエットに取り組んでいるという人は、案外とたくさんいるのではないでしょうか。

ダイエットをしてお腹が細くなって、下腹部の脂肪がなくなることを求めている人はたくさんいます。

とはいえ、身体の中で脂肪燃焼が行われにくい部分の一つとして、下腹部が挙げられるほど、下腹部痩せは困難です。

どんな点に配慮をして、下腹部痩せを成功させることが、いいことなのでしょう。

ダイエットするにはまず、摂取カロリーを減らして、消費カロリーを増やすダイエットは前提となります。

食事内容の見直しによるカロリー調整をした上で、腹筋を鍛えて腹筋周りの脂肪を燃焼させていきます。

腹筋をすることで下腹部の脂肪を燃やし、お腹のスリム化をはかることが、ダイエットでは大切になります。

背筋も、腹筋同様に鍛えることで、身体にバランスのとれた筋肉のつき方ができるようになりますので、腹筋と背筋をする習慣をつけましょう。

ダイエットのためだけでなく、腹筋を意識した生活をすることも、ダイエットの効率を高める効果をもたらしてくれます。

歩行時は、下腹に力を入れて引き締め、姿勢を正して腹筋を強化します。

オフィスで椅子に座っているときでも、足先を少し地面から浮かせて、腹筋を使って宙に浮かせた状態を維持してみましょう。

普段の生活の中で少し意識を変えるだけでもダイエット効果が得られ、継続することで引き締まった下腹部になれるでしょう。

フットサル

下腹部ダイエットに取り組んでいる人は多いですが、食事制限だけ、あるいは運動だけで下腹部痩せしようとしても、成果は今ひとつです。

まず気を付けたいのは、ダイエットとはただ単に体重を落とすためだけのものでは無いということです。

体重を減らすことばかりに関心を向けていては、体重が落ちても下腹は引き締まらないことがあります。

下腹痩せダイエットをやり遂げたいと思っているなら、上下の動きを取り入れた運動をしましょう。

30分程度の有酸素運動を毎日実践することで、体脂肪の燃焼が促進され、ダイエット効率が良くなります。

フットサルは、効率的な下腹部痩せ運動をしたい人におすすめです。

基本動作にボールを蹴る動きがあるためです。

下腹部痩せに必要な上下運動は、ボールを蹴る動作に多く含まれていますので、楽しみながら体を動かせられます。

もちろんのこと、ジョギングやランニング、そしてダッシュの要素が強く入ります。

フットサルに参加して体を動かしていれば有酸素運動の効果も得られますので、下腹部を引き締めたいという人に適しています。

ランニングとジョギングを行いながらボールを蹴る動きが混じることで、フットサルは下腹部痩せの効率がより高くなります。

フットサルは、作業的に走る運動ではなく、仲間と楽しみながらゲームをすることができるので、短期間でやめてしまわずに済みます。

フットサルはチーム戦で行う競技ですので、コミュニケーションの機会が増えて、運動を続けるモチベーションも得られます。

トランポリン

トランポリンでの跳躍運動は、下腹部を引き締めるダイエットに有効です。

ダイエットの定番は食事内容を見直すことですが、継続的に実践することが難しい方法であるともいえます。

ダイエットには、運動をするというやり方もありますが、もともと体を動かすことが好きでない人は、長期的な取組ができないことがあります。

ダイエット効果のある運動と言っても、長く続けることができて、楽しいものはなかなかありません。

下腹部を細くするためのダイエットとして、腹筋をしている方もいますが、腹筋の欠点は楽しさにつながらないことです。

腹筋を効率的に行うために使える道具もあるものの、腹筋の楽しさがアップするというものではありません。

ダイエットをやり遂げるためには、継続性を維持することです。

そのため、トランポリンダイエットは、下腹部痩せの方法として、お勧めしたいものです。

小さい子供のオモチャとしてトランポリンを認識している人も大勢いますが、ダイエットにトランポリンはとても役立つものです。

トランポリンは5分間飛んだだけで、なんと1キロのウォーキングをしたのと同じだけのカロリーを消費するのです。

脂肪燃焼を助ける上に、体幹を強化できますし、体全体のバランスをとることができることが、トランポリンの利点です。

トランポリンの上でジャンプを続けることはストレス解消効果もありますし、楽しくダイエットをすることができるでしょう。

筋トレのダイエット効果

ダイエットの方法にはいくつかありますが、筋トレで下腹部痩せするというのは健康的で尚且つ効率が良い方法です。

筋トレをメインにしたダイエットメニューにすることで、ダイエット効果はアップし、健康にもなることが可能です。

食事量を減らすダイエットはリバウンドのリスクがありますが、筋トレはリバウンドのしづらい方法です。

筋トレのダイエットの効果として挙げられるのは、トレーニングによってカロリーを消費する効果があります。

基礎代謝の高い体になるために筋トレをすれば、何もしないでいる時に使うカロリーのアップが可能になります。

自分の家でできる筋トレは色々なものがあります。

ダンベルを使う運動や、スクワット、腹筋、背筋運動なら、屋内の限られたスペース内で可能です。

腹筋運動については、市販の器具などを使ってもよいですし、何も使わず仰向けになって上体を引き起こす方法でも、ダイエットになります。

スクワットは膝に負担がかかる可能性がありますので、負荷がかからないような運動の仕方を心がけるようにしましょう。

ダンベル体操をする時は、専用のダンベルを使わずとも、水を詰めたペットボトルを使うことで、運動には十分機能します。筋トレでダイエットを行うときにいちばん気を付けることは、毎日やるべきではないということです。

筋肉をたくさん使って運動をした場合、翌日に傷ついた筋肉の繊維は復活しますが、そのための休息期間が必要になります。

人間の体にはたくさんの筋肉がありますので、筋トレダイエットをする時はどの筋肉を強化するかも重要です。

筋トレで基礎代謝UP

体全体に筋肉をつけるための筋トレが、下腹部痩せの効率をアップしてくれます。

誰でも一度はダイエットをした経験があると思いますが、成功せずに途中で失敗した人も少なくないでしょう。

ダイエットを成功させるために積極的に体を動かし、カロリー制限をする人は多いですが、筋トレもダイエットには重要です。

最近は、体重を減らそうとするとカロリーカットをする人が増加しています。

カロリー制限によるダイエットのいいところは、ダイエット効果が早い段階で確認できることです。

体重が減りさえすれば何でもいいというダイエットをしていると、食事制限に偏ってしまいがちですが、本来なら筋トレをすることが重要になるでしょう。

ダイエットをしている人は、脂肪だけでなく筋肉にも関心を向けて、筋力増強をはかって基礎代謝を高めることを検討してください。

筋トレをすると体重計の数字は増えますが、見た目は引き締まって細くなるので、より健康的なボディになるのです。

運動量は同じでも、筋肉がついているかいないかでは基礎代謝量は異なります。

ダイエットの成功率を高めたい場合は、筋トレを行って全身に筋肉をつけることも心がけてみるといいでしょう。

筋トレをスタートした直後は、体重がほとんど変わらなかったり、反対に体重が増えてしまうということもあるといいます。

目に見える効果がなくてもコツコツと筋トレダイエットを継続していれば、少しずつ体重の減りが目に見えるようになって、痩せやすくなります。

リバウンド防止に筋肉が必要

食事で摂取するカロリーの量を減らすことでダイエットを達成したいという人はたくさんいます。

体重増加の要因と目されているものは、米やパンなどの炭水化物に含まれる糖質です。

とはいえ、食事制限の際に糖質を断つと、人体は減った糖を筋肉から得ようとします。

筋肉が糖質になると、筋肉自体の量が少なくなって、基礎代謝量の低い体になってしまいます。

人体は、じっとしている時でも、基礎代謝として必要な分のエネルギーを使っている(カロリー消費している)ことが知られています。

体の中で最もエネルギーを消費するのは筋肉であるため、筋肉量が減少すると、痩せにくい体になってしまうのです。

言い換えれば”太りやすい体になる”とも言えます。

ダイエットしている方の多くに、筋トレは筋肉が付いてしまうので、太ってしまうという誤解があります。

筋肉増強をはかることで基礎代謝が高まりダイエットがしやすくなり、カロリー制限のためにと糖質やたんぱく質を抑える筋肉の原材料が不足して筋力低下を招き、体脂肪の燃焼が滞ります。

筋骨隆々とした体つきになりたいわけではないからと、ダイエットはするけれど筋トレは避ける女性もいます。

男性特有の筋肉質な体は、ただ筋肉が増えればなるものではなく、男性ホルモンの作用も関係しています。

そのため、筋トレをして筋肉質な体型になる男性はいますが、女性はよほどのトレーニングがなければ筋肉質にはなりません。

ジョギングや、ランニングなどの有酸素運動が、脂肪を速やかに燃やす効果があるとも言われています。

有酸素運動はもちろんダイエットには有効ですが、あわせて筋トレをすることによって筋肉が増えれば、基礎代謝量がアップして、エネルギー消費量の多い体になります。

適度な筋トレを取り入れることによって、下腹部も痩せやすく、リバウンドしにくい体を手に入れることができるでしょう。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 東香里水春
  2. ハルカス展望台の3Dマッピング
  3. 鼻の毛穴の開き解消法
  4. ビオチンの美肌効果がスゴイ!
  5. 40代の転職成功のポイント

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 百貨店イベント2017年3月

    イベント・催事

    百貨店イベント情報2017年3月大丸梅田・阪急うめだ本店・阪神梅田本店など
  2. いぬやしき第8巻ネタバレ

    エンターテーメント

    いぬやしき第8巻 最新情報 発売日は?ネタバレもあり
  3. 川遊びができる高槻芥川桜堤公園

    家族でお出かけ

    高槻の芥川桜堤公園は川遊びにおすすめ~6月でも天気が良ければ川に入れます。
  4. サーマクールとフォトフェイシャルの美容効果

    美容と健康

    サーマクールとフォトフェイシャル
  5. 即日キャッシングと銀行系カードローン

    暮らし情報

    即日融資可能なキャッシングや銀行系カードローンについて調査!
PAGE TOP