暮らし情報

長く続けられる仕事・一生働ける会社を探している人へ

投稿日:

仕事探し

仕事探し・会社選びの成功は人生の成功

一生のうちで労働に振り分ける時間はとても長いものになりますので、どんな仕事を選ぶかで人生が決まるということもできます。

やりがいを感じられない仕事に従事しているとモチベーションが上がらず、成果も上がりづらくなって、自分自身の評価が低くなってしまうことがあります。

もし今の仕事が自分に合わないと思ったら、転職を視野に入れて仕事探しをしていきましょう。新しい仕事を選ぶ時にどんな条件をつけるべきか、よく考えてから転職活動に取り組みましょう。

安易に仕事を変えるだけではまた同じように仕事が合わなかったということになってしまいがちです。

自分のことをよく知らないでいると、いくら仕事探しをしてもうまくいかないことがあります。

もし、関心の深い仕事があったら、もっとその仕事の情報を集めてみましょう。

興味を持った仕事に関する資格の勉強をして、仕事への理解を強めることも可能です。

実際に知識に触れてみることで、適性が分かりやすくなりますが、この段階で難しさを感じるようであれば、仕事に対する適性が無いという判断もできます。

転職活動の開始直後は、あえて条件を厳しめに設定せずに、関心の持てそうな仕事を片端から眺めてみるのもいい方法です。

いろいろな業種や分野の仕事について調べておくことで、自分に合った仕事に出会えるチャンスが増えるでしょう。

転職エージェントの利用

転職エージェントサービスは、忙しい仕事の合間でも効率的に次の仕事を探したいという人にぴったりの就職支援サービスです。

今の職場を離れ、新しい仕事につきたい時はハローワークに行くという方法もありましたが、求人閲覧に時間がかかるというネックがあります。

この頃は、検索システムを使いながら転職情報サイトの巡回をして求人情報を集める人がふえています。

地元の転職エージェントに登録し、担当者との話合いで自分の希望を伝えることは、仕事探しを円滑に行うために大事です。

まず登録をして、自分のプロフィールや、希望の求人についてある程度入力しなければ、転職エージェントは使えません。

転職エージェントは、転職活動に関する専門的な知識を持っている人であり、会話を通じて様々な情報を引き出す能力に長けている人が多いようです。

転職先の仕事の希望などについても、相談をすることができます。

転職活動がうまくいくよう、履歴書の作成の基本や、職務経歴書に何を書くべきかを転職エージェントでは教えてもらえますので、貴重な情報源になります。

転職エージェントは、各社によって得意な業界や、太いコネクションを持っている会社や業界があります。

医療・介護系には強いけれど、製造系やサービス系の求人情報はないという会社もあれば、その逆も存在しています。

仕事探しを行う時にどんな選択基準で仕事を選びたいかを、まずは自分の中で明らかにしておきましょう。

希望の内容がある程度まとまれば、転職エージェントを選ぶ時もスムーズにいきますし、相手との話し合いもしやすくなります。

滞りなく転職エージェントへの登録が済めば、あとは転職活動支援について豊富な専門知識を持っている転職エージェントに話を聞いてもらいつつ、希望に沿う求人を紹介してもらうなどしてもらえます。

いかにして、自分に合う転職エージェントを探せるかが、仕事選びでは大事です。

学生の就職活動

最近では、進学と同時に就職活動の準備を始める学生が多く、学校もセミナーの案内ガイダンスを開き始めます。

就職活動をこれからスタートする学生達は、まずガイダンスに参加して話を聞くことで、就職活動について知るようになります。

学生という身分から、社会人になることについて、考える人が徐々に多くなってきます。

ガイダンスの場で、インターネットの就職サイトに登録することについての説明が出るほど、就職サイトは身近なものです。

求人情報や企業情報の入手だけでなく、求人へのエントリーや、就職セミナーへの参加予約もネットでできます。

就職活動を行う学生が注意すべきことや、マナーや身だしなみの心得なども書かれていますので、就職活動の準備を整えることができます。

ネット上にはいくつかの求人サイトがありますので、使いやすそうなサイトを見つけたら会員登録をしましょう。

数多くの就職サイトがありますが、複数登録しても構わないので、順番にチェックしていきましょう。

求人サイトを吟味する時には、自分の欲しい求人情報が多く載っているかが重要になります。

特定の業種の求人情報を集中的に掲載しているサイトや、全国各地のあらゆる求人が網羅されている情報量勝負のサイトもあります。

使いやすい就職サイトを見つけて、賢く使いこなすことができるかどうかで、就職活動のやりやすさは変わります。

ネット求人サイトでの仕事検索のコツ

就職活動のツールとしてネットの求人サイトが便利になっていますが、検索による絞り込みにはコツがあります。

ネットの求人サイトを利用して、最新の求人情報を得るという方法は、今ではスタンダードな方法といえます。

求人情報サイトでは、自分の望む条件で検索をかけると、膨大な求人情報の中から、自分の希望に合致するものを抽出できます。

多くの人が、求人探しにネットを利用していますが、どのような点に配慮をして仕事を探すといいでしょう。

お休みの日を確保したいという人にとっては、大事なポイントになります。

週休二日制と書かれている求人では、土日が休みとイコールではないことは、知っておく必要があるでしょう。

週休2日は、曜日とは関わりなく週に2日の休みがあることで、土日休みではありません。

連続した休みを確保できない場合でも、平日しか休めない時でも、週休2日の条件は満たしているのです。

求人チェックをする時に、休みの日を確認したい場合は、何曜日が休みに設定されているのかを事前に把握しておく必要があります。

文字の上ではわずかな違いですが、週休2日と、完全週休2日の意味合いには大きな差がありますので要注意です。

完全週休2日制とは、毎週2日が原則休みになることで、週休2日は月に1回以上は週の休みが2日ある状態です。

求人サイトから自分に合う求人情報を探し出す場合は、それぞれの用語の意味を理解して、希望に合う求人情報を探せるようにするといいでしょう。

公務員を目指す

その人がどんな職業で働きたいかによって、就職活動でやることは違うものになります。

さらに、どんな仕事をしたいかによって、とるべき対策は異なるものになります。

公務員志望の人は、民間企業に就職をしたい人とは就職活動の手順が大きく異なりますので、事前にスケジュールを把握しておきましょう。

公務員になるための一次試験には筆記試験があるのですが、専門的でありかつ難易度が高いため特別な受験対策が必要となってきます。

何とか一次試験に合格をしても、場合によっては二次試験も受けて合格しなければなりませんので、そのためには本腰を入れて勉強をすることが求められます。

多くの人が公務員試験に合格するために、専門の予備校に通って早くから勉強に取り組んでいます。

大学生で、将来公務員になりたいと考えている人の中には、まだ1、2年生のうちから公務員試験の準備をスタートしている人もいます。

公務員試験は教養分野だけでなく、専門的な領域からも知識を問われるため、独学では学びきれない部分があります。

限られた時間内で確実に合格するための学力をつけるには、専門的な予備校に通ったほうが効果が期待できます。

また、受けようとする公務員の職種によって、受験内容はもちろんのこと合格に必要な勉強レベルには差があります。

公務員になりたいという方針が決まったら、どの職種を希望するかを早い段階で決めて勉強を初めておきたいものです。

民間企業への就職・転職

民間の企業に就職するための活動は、バブル経済が終わったことによってその情勢が一変しています。

各高校は、卒業後の就職を希望する学生に対して、ハローワークから仕事の紹介を受けることが、法律で義務づけられています。

バブル経済が終わったことで、就職活動には雪崩現象と呼ばれる事象が発生しています。

以前は、高校生に斡旋する職業は学校側がある程度の見当をつけており、商業科なら事務職、工業系ならその技術に関わるものでした。

バブル崩壊後は、どの企業も採用数を大幅に減らしたことによって、就職口が卒業する生徒数を随分と下回ることになりました。

それまでは中卒の生徒が就いていた給料が安価で、単純作業を行うような職業にも高校生が応募するようになりました。

高卒並みの待遇や仕事内容でもいいので、仕事をして給与をもらいたいという大学生も増加しました。

そのせいで、中学を卒業して働きたいという人が、仕事ができる場所がなくなっています。

そもそも大学生への求人が少なくなったことからこの事情は起きているので、求人市場そのものが小さくなっているわけです。

就職氷河期というネーミングがついたバブル直後の転職活動は、とても困難なものでした。

ここ数年は企業の採用数も増加して、競争率も低くなってきており、就職活動も依然と比べれば、スムーズにできるているようです。

しかしながら人気の企業は相変わらず競争は激しいので、しっかり計画を立てて、就職活動を進めていく必要があります。

業界について知っておく

つきたい仕事がある人は、その仕事の業界についての情報を集めておきましょう。

採用面接を受ける時も、履歴書を作成する時も、業界全体に対する見通しや、今後のテーマなどを理解しておく必要があります。

インターネットを使えば、一つの業界の研究は簡単にできます。

業界以外の人でもわかりやすく書かれた紹介記事を知りたい場合は、求人サイトの紹介文章が役に立ちます。

業界全体の雰囲気を把握するためには、企業ホームページをいくつか閲覧してみましょう。

複数の企業の動向や、事業内容を調べることで、全体的にどういう問題意識を持っており、何を突破口にしたいと思っているかなどがわかります。

採用面接の時に、自分の言葉で話ができるように、業界について気づいたことや、気になることを、ノートに書き出しましょう。

なぜこの会社を希望したのか、就職したらこの会社で何をしたいか、等が面接の定番質問です。

自分が研究したことを、志望の理由や入社後の仕事を希望する理由を説明する時に活用しましょう。

別の人でも言えるようなことを言うのではなく、業界研究をしてきたからこそ言えるような、この場に最も合う言葉を出せるかが、面接では重要です。

企業としても、業界にする研究を十分しており、知識もたくさんある人なら、戦力として頼りになると思ってもらえるでしょう。

企業の採用面接を突破しやすいよう準備を整えたいなら、その仕事の業界についての研究をしっかりしておくことが肝心です。

転職先は経験のある業界が有利

転職するために求人に目を通していると、経験者を採用したいという企業が目につきます。

新しい人材を採用する際に、経験がある人を優先的に選ぶことが多いのは事実としてあります。

これから仕事を探そうとしている人は、まずは自分の経験が活かされる業界を選ぶのが得策と言えます。

転職するなら、現在の業界とは縁がないところに行きたいという人もいますが、知らない業界に行くには、それ相応の準備や勉強がいります。

転職活動を効率的に行うためには、未経験の分野に行くよりも、既に実績がある業界での仕事を選んだほうが評価も高くなります。

同じ経験といっても、1年未満の経験では、その業界の経験があるとはみなされないこともあるので、注意が必要です。

長期に渡っての経験がある人のほうがいいですが、即戦力になれると判断されるかどうかは3年が境界線になります。

経験のある業界の仕事が一番好ましいのですが、さまざまな理由で未経験の業界を探さなければならないこともあるでしょう。

その場合は、似た分野での仕事の経験やその仕事についての知識が役立つことがあります。

その業界で働いたこともなく、情報もほとんどない場合は、希望する仕事に関わる資格をとってから転職活動をするのもいいやり方です。

IT関連企業で働きたいと思うなら、情報処理技術者試験の資格を取っておくという対策法です。

資格には取得に時間のかかるものもありますが、短期間のうちに取得できるものもあるので、取りやすい資格をできるだけ取るようにしましょう。

まとめ

就職活動を就活という呼び方もかなり一般的になってきていますが、どちらにしろ、何をすべきかはかつてと同じものです。

就職活動は通常、学生や失業者、若しくは就業中の者が職に就くために行うことを言います。

現時点で職に就いている人が、新たな職場を求めて活動をする時は、転職活動という表現になります。

春に卒業したら仕事につく予定の学生を新卒といい、大学や短大、専門学校や、大学院の卒業予定者をいいます。

新卒者に対して、既卒者という言い方がありますが、これは既に学校を卒業済みの人のことになります。

既卒者の就職活動は、新卒者より条件が難しくなることがありますので、可能なら新卒者の段階で就職先を決めてしまいましょう。

少し前まての日本は終身雇用制が一般的だったため、新卒で採用されたら、定年退職まで同じ会社で働き続けるものでした。

一度入社した会社を途中で退職して、新しい会社に転職することは、あまり良いイメージを持たれていませんでした。

転職をする人が多くなった昨今では、同じ会社に勤めていればいいというものではないという考え方に移行しつつあります。

就職活動の中には第二新卒という言葉も使われるようになっていますが、これは、新卒後の仕事を3年以内にやめた人を指します。

企業側が新卒者を選ぶ基準も多様化しており、個性的な質問をしてくる企業や、ネットを介して面接を行う企業など、様々な手段があるようです。

時代の変遷とともに仕事のスタイルは変化していますので、就職活動をしている人への企業の求める内容も異なるものになっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-暮らし情報
-

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.