家族でお出かけ

今城塚古墳・今城塚古代歴史館の見学ガイド~無料駐車場・アクセスについて

更新日:

今城塚古墳見学ガイド

大阪府高槻市にある歴史遺産、今城塚(いましろづか)古墳と、その隣にある今城塚古代歴史館とハニワ工場公園に行ってきました。

駐車場やアクセス、古墳や公園の様子について書いています。

初めて今城塚古墳・ハニワ工場公園に行かれる方はどうぞご参考下さい。

今城塚古墳の駐車場について

今城塚古墳へ見学に車で行くには、隣接する今城塚古代歴史館の無料駐車場を利用するのが便利です。

よって、車で行く際は、まずは今城塚古代歴史館を目指しましょう。

今城塚古代歴史館の駐車場入り口

30台くらいが駐車可能で、9:45分から17:30まで利用できます。

今城塚古代歴史館の駐車場

少し離れた場所にある史跡、新池埴輪製作遺跡「ハニワ工場公園」には専用駐車場はありません。

はにわ工場公園の周囲にはコインパーキング等もほとんどありませんのでご注意下さい。

今城塚古墳の見学について

今城塚古墳は広さ9ヘクタールの史跡公園の中心部に存在する前方後円墳です。

墳丘の周囲が芝生広場になっていて、子供とボール遊びやバトミントンをしたり、お弁当を食べている人たちがたくさんいました。

史跡としてだけでなく、地域の人の憩いの場・公園となっています。

今城塚古墳公園

また、今城塚古墳の最大の特徴は、

古墳の敷地内を自由に散策できる(古墳の中に入れる)

ところです。

周囲の芝生広場から古墳の中へと続く階段が数か所あります。

今城塚古墳公園から古墳へと続く階段

古墳の中と言っても、地中の石棺が埋まっているようなところではなく、木々が生い茂った敷地内を散策することができます。

子供の恰好の遊び場といった感じです。

足元は悪いです。

古墳の散策道

舗装されていませんので、スニーカーなど歩きやすい靴・服装で行きましょう。

また、散策しているとところどころに古墳に関する説明板があります。

古墳に関する説明板

古墳の周囲は一周できます。

今城塚古墳のもうひとつの特徴は、いましろ大王の”ハニワまつり”が再現されていることです。

埴輪祭祀場といい、人や家や動物などのハニワが実際にたくさん並んでいます。

はにわ

一部の埴輪には触れることもできます。

公園と一体化して、古墳を身近に感じることができる今城塚古墳ですが、残念ながらその全貌を上から見渡すことはできません。

そのような、今城塚古墳を鳥瞰できるようなスポットは周辺にはありません。

今城塚古墳の見学・散策は無料です。

時間も制約はありませんので、好きな時間にいつでも見学できます。

古墳公園内に1か所公衆トイレがあります。

高槻市立今城塚古代歴史館について

隣接している高槻市立今城塚古代歴史館では、古墳本来の姿・形・内部がわかるような資料(映像)が展示されています。

新しく広々とした館内には、常設展示室・情報学習コーナー・体験学習室・公衆トイレなどがあります。

古代歴史観の館内

車椅子用トイレもあります。

学習コーナーでは自由に操作できる情報端末や自由に閲覧できる書籍などが置かれ、主に古墳や高槻市の歴史などについて子供も大人も楽しく学ぶことができます。

古代歴史館内にある書籍コーナー

常設展示室では実物の埴輪(はにわ)や出土品が展示されています。

特に、古墳の築造の様子を再現した実物大のジオラマや復元石棺はひときわ目を引きました。

古代歴史館の常設展示

見ごたえのある展示室です。

常設展示室を一通り見て回るのに要する時間は20~30分くらいでしょう。

一つ一つの展示品に書かれた説明をじっくり読んで回ると1時間近くかかるでしょう。

土曜日の昼頃に今城塚古代歴史館に入館しましたが、駐車場には20台ほどの車が止まっていて、館内は空いていました。

土日でも”駐車場が満車で館内も混雑している”といったことはないと思います。

館内にはレストランや食堂はありません。

食べ物を売っている売店のようなものもありません。

今城塚古代歴史館の前の道路沿いに食事ができる店やコンビニがあります。

今城塚古代歴史館の開館時間は10:00から17:00です。

休館日は毎週月曜・祝日の翌日と年末年始です。

今城塚古代歴史館・今城塚古墳へのアクセス

電車でのアクセス

JR京都線摂津富田駅か阪急京都線富田駅が便利ですが、各駅から徒歩25分くらいかかります。

市営バスを利用する場合は、南平台経由佐原行き「今城塚古墳前」で下車するか、関西大学・萩谷・萩谷総合公園行きに乗って「氷室」で下車するのが便利です。

車で行く場合は、カーナビに住所か電話番号を入れるといいでしょう。

住所:大阪府高槻市郡家新町48番8号

電話番号:072-682-0820

【地図】

史跡 ハニワ工場公園について

ハニワ工場公園は今城塚古墳のハニワを作っていた工場です。

新池史跡とも言います。

今城塚古墳公園同様、公園の中に遺跡が残されています。

マンガを使ってわかりやすく解説されたプロムナードがあります。

ハニワ工場公園

公園ですので、子供たちもたくさん遊んでいます。

実際に操業していたハニワ窯やハニワ工房が無料で見学できます。

ハニワ工場館では発掘されたそのままの窯(カマ)が見れます。

はにわ工房

 

ハニワ工場館の入館は無料、開館時間は10:00~17:00です。

年末年始以外に定休館日はありません。

公園自体に時間制限はありませんので、遺跡公園内をいつでも自由に散策できます。

新池遺跡は住宅街の中にあります。

隣接する高層マンションや団地に囲まれるように遺跡が残されています。

ハニワ工場公園へのアクセス

新池遺跡はにわ工場公園には専用駐車場はありませんので、公共機関で行くことをおすすめします。

JR摂津富田駅から市営バス公団阿武山、大阪薬科大学、西塚原行きに乗り「上土室」で下車するのが便利です。

「上土室」からハニワ工場公園までは徒歩5分です。

ハニワ工場公園は今城塚古墳の北西約1.4Kmのところに位置します。

今城塚古墳から徒歩で50分ほどです。

【地図】

こちらの記事もおすすめ

[clink url="http://eventtrenddiary.com/nintoku/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/sakura-info/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/mino/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/myokensan/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/takedao/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/ikuta/"]

[clink url="http://eventtrenddiary.com/osaka-tenmangu/"]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-家族でお出かけ
-, , , ,

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.