自動車

ガラコをミニバンに塗った結果・・・ 効果を高める塗り方は?

更新日:

ガラコの塗り方

ドライバーなら一度は経験したことがあると思いますが、雨の日の視界の悪さは運転していてとても怖いです。

特にサイドミラーの視界が雨粒の付着によって遮られるので、車線変更がとてもしずらいです。

そこで、雨の日の視界を確保して安全かつ快適に走行するために、サイドミラーと運転席・助手席のドアガラスにガラコを施工することにしました。

ガラコ(glaco)は撥水タイプのガラスコーティング剤です。

ガラコを選んだ理由はレビューや口コミを調べてみると「施工が簡単で効果抜群」といった感想が多かったからです。

早速、近所のコーナンのカー用品売場で、ガラコのサイドミラー用とガラス用を買って施工してみることにしました。

ちなみに施工する車はミニバン(トヨタVOXY)です。
[s_ad]
事前準備と効果を高める塗り方

ガラコを塗る前に準備が必要です。

撥水効果を高める為には、まずはガラコを塗るドアミラーとガラスを洗って汚れを落とし、その後しっかりと乾かします。

今までこの車にガラスコーティング(撥水剤)を塗ったことはありませんので、油膜等が残っていることはないと思いますが、念のためカーシャンプーで洗いました。

そしてサイドミラーとガラスが完全に乾くのを待って、まずはドアミラーにガラコミラーコート0(ZERO)を塗りました。

サイドミラーの場合、塗るというよりスプレーでコーティング剤を吹き付ける、といった感じです。

スキマなく全体に撥水剤がかかるように吹き付けるのがコツです。

後は、乾かすだけです。この時に、雨や水にぬれると効果が弱まるようですので注意が必要です。

次に、ガラコデカ丸をリアガラスに塗りました。

ミニバンのリアガラスは大きいです。デカ丸を直線に動かしたり、円を描くように動かしたりしながら、塗り残しがないように注意して塗りました。

この時のガラスへの塗り方ですが、ワックスを塗るように円を描くようにしてガラコを塗るのか?それとも直線的に塗っていけばいいのか?どちらがいいのか迷ったのですが、特にその辺については具体的な説明や動画はなかったので、とにかく、ガラス全面にガラコを塗ることに注力しました。

最後に運転席・助手席側のガラスに塗布しました。

フロントガラスに施工する方が多いようですが、フロントガラスの雨はワイパーで取り除くことができることと、ガラコを塗布しにくい(フロントガラス中央部分まで手が届かない)こともあり、今回はサイドミラーと運転席・助手席側ガラスおよびリアガラスのみでガラコを試すことにしました。

ガラコは塗った直後は透明な液体ですので、ガラコの塗り残した箇所があってもわかりにくいので注意が必要です。

15分ほど乾かした後、濡れタオルを固く絞ってふきあげたら、完了です。

ドアミラーもガラスも、見た目は施工前と何ら変わりはないように見えました。

ガラコの撥水効果は?

ガラコを施工して2日後に雨の中を運転することになりました。かなり強い雨です。

雨の中、車で走り出し、10分ほどして運転席と助手席のドアガラスをよく見ると、細かい雨粒が付いています。

ほとんど雨が付着しないのか?と期待しましたが、そこまで撥水しているわけではありませんでした。

しかし、施工前に付着していた水滴とはあきらかに違う、細かい雨粒です。

ガラコによってはじかれているように雨が細かくなって付着しています。

次にサイドミラーを確認しました。思わず「これはスゴイ!」と思いました。

サイドミラーには雨粒は1滴も付いていませんでした。信号待ちで止まっているときも全く雨は付着しません。

すごい撥水効果です。

と同時に、自分の施工方法が正しかったことを確信しました。

ガラコの撥水効果はこれだけではありませんでした。

時速50Kmを超えたくらいから、サイドガラス(運転席と助手席)に付着した雨水が後ろ向きに流されて飛んでいく様子が確認できました。

これで、視界はさらに良好になりました。

サイドミラーと同じく、自分の施工方法は間違っていなかったと思いました。

夜の雨も安心

同じ日の夜も、雨の中、車を運転しましたが、施工前に比べて確実に視界が確保されていました。

夜間の雨が気にならないくらい、サイドミラーはクリアに見えます。雨の日の夜、特有のギラギラ感もありませんでした。

大きなリアガラスの視界も昼夜ともに良好でした。

全く雨水がリアガラスに付着していないわけではないですが、ガラコ施工前より明らかに撥水しています。

リアガラスも走行スピードに応じて、雨水が吹き飛んでいるようです。

雨の中を50分程運転しましたが、一度もリアワイパーを使わなくても後方視界はずっと確保されていました。

まとめ

ガラコの撥水効果は期待以上でした。買って良かったです。

これで雨の日もストレスなく安心して車の運転ができると思いました。

ただ、施工は面倒だと思いました。

ガラコはカーワックスのように、前もってガラスやミラーに施工しておく必要があります。

雨が降ってからでは間に合いません。

大まかな手順として、

1.ガラコを塗る前にガラスを洗う(洗車)

2.完全に乾くまで待つ

3.ガラコを塗る

4.ガラスに施工する場合、15分ほど乾かす

5.ガラスに塗った後、濡れたタオルでふき取る

といった具合に、待ち時間や手間がかかる上、作業途中で雨や水に濡れないように注意する必要もあります。

自宅の屋根付き駐車場で作業できる人は制約がほとんどなく作業できるかもしれませんが、マンションの駐車場や家から離れたところの青空駐車場に車を停めている場合は、施工しずらいのではないでしょうか?

ドアミラー用(ミラーコート0)は、施工後、指で触ったり拭いたりすると撥水効果が落ちるとのことですので、ドアミラーが汚れても拭いたり洗ったりしにくいという、耐久性の問題があります。

ガラコの撥水効果は抜群に良いと思いますが、もっと簡単・手軽に施工できるコーティング剤が良いという方は、雨が降り出してからミラーやガラスに吹き付けるタイプの撥水剤もありますので、そちらをおすすめします。

ただ、このタイプの撥水剤は雨のたびにガラスやミラーに吹き付ける必要があります。

どちらのタイプが良いか?は、使用環境にもよると思いますので、ご自身に合ったタイプのガラスコーティング剤を選ぶのが一番良いと思います。

こちらの記事もおすすめ!

オートバックスのオイル交換
オートバックスWEB予約でオイル交換した時の料金や交換時間

愛車ヴォクシーのオイル交換をしました。 久しぶりにオートバックスでオイル交換した時の予約方法や料金、交換にかかった時間などについて書いています。 どこでオイル交換しようか迷っている方、ぜひご参考下さい ...

続きを見る

トヨタディーラーの車検費用
トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて

愛車ヴォクシーが新車購入から3年経ち、初回の車検を受けることになりました。 今までも車は何度か乗り継いできましたが、ディーラーで車検を受けることはほとんどありませんでした。 その理由は「ディーラーの車 ...

続きを見る

ダイヤモンドキーパーを施工しました。
ダイヤモンドキーパーを施工して3週間経ちました。そのコーティング効果は?

ダイアモンドキーパーをヴォクシーに施工して3週間が経ちましたので、施工後の効果や感想について書いてみたいと思います。 ダイアモンドキーパーとは車のコーティングの事です。  この記事が気に入っ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-自動車
-

Copyright© 前向き情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.