美容と健康

ふくらはぎの凝りをとる方法~一日中立ち仕事の看護師さんへ

投稿日:

ふくらはぎの凝りの治し方

ふくらはぎが痛い

ふくらはぎ・足が凝ってツライ

と、最近は足の疲れにお悩みの方も多いのではないでしょうか?

特に一日中立ち仕事でハードな職業である看護師さんに多いようです。

ふくらはぎのコリ解消法について書いてみましたので、ひどい凝りでお悩みの方、ぜひご参考ください。

 

ふくらはぎの凝りを取る方法

ふくらはぎの凝りを訴える女性は看護師さん以外の女性の方にも多いです。

凝りや足のだるさの原因はズバリ”血行不良”によるものです。

特に女性はその体質から、血行不良に陥りやすいといえます。

立ち仕事による筋肉疲労や精神的ストレスも加わって、ふくらはぎの血行が悪くなり”凝り”となってしまうのです。

よって、凝りによるだるさや痛みを解消するには足の血行を促進する必要があります。

血流が良くなると、ふくらはぎ部分にたまった老廃物が流され新陳代謝もよくなります。

その結果、ふくらはぎのコリや疲れが取れて楽になります。

血行を促進するには、

・軽い運動をして体を動かす

・ふくらはぎを温める

・足をマッサージをする

などが効果的です。

血流が滞らないように、仕事中でも時々意識して足腰を動かすようにしたいものです。

また、夜寝る前にはお風呂でしっかり温まるのはもちろん、ふくらはぎをマッサージすると血行促進効果が期待できます。

忙しい看護師さんにおすすめは?

「夜寝る前のマッサージが効果的なのはわかるけど時間がない・・・」

「明日の仕事に備えて1分でも早く寝たい・・・」

「もっと効果的に凝りを取る方法はないの?」

という方にオススメなのが、夜、ふくらはぎに貼って寝るだけの”樹液シート”です。

シートに塗っている樹液が一晩かけて血行を促進します。

冷えやむくみにも効果があります。

寝ている間にふくらはぎの疲れがとれて、朝にはスッキリ!です。

これなら忙しいあなたにもピッタリだと思いませんか?

もっと詳しく

ふくらはぎがだるい時の対処

仕事を頑張っている間は気が付きませんが、夜家に帰ってから

「ふくらはぎが、だる重い~」

ってなることがありますよね?

一日中ほとんど立ちっ放しだった足は筋肉が疲労しています。

疲れで筋肉が凝り固まっている状態ですね。

単なる筋肉痛だけでなく、血行不良状態であると言えます。

血行不良のふくらはぎ・足は新陳代謝も鈍り疲労が回復しにくくなっています。

こういう日が続くと、一晩寝ただけでは凝りはなかなかとれなくなってしまいます。

その日の疲れはその日のうちに取る

を意識してボディーケアを行いましょう。

整体・鍼灸へ行く

仕事が休みの時にマッサージなどを利用する方も多いことでしょう。

しかし一時は改善するものの、すぐに足が凝るという人も多いはずです。

そんな方達が次に訪れるのは、鍼灸や整体かもしれませんね。

整体は施術師の腕によって、効果にかなりの違いがあります。

また、鍼灸は痛そうというイメージから、どうしても敬遠しがちです。

一般的にふくらはぎのこりは立ち仕事などが大きな原因と言われていますが、それだけではありません。

例えば、同じ仕事でも凝りやすい人とそうでない人がいます。

夏場のクーラーなどによる冷えが凝りを悪化させていたり、骨格の歪みが原因の場合もあります。

さらにはホルモンバランスの崩れや睡眠不足といった別要因が隠されていることも多いのです。

骨格のズレがある場合には、体の歪みを矯正する整体はとても有効ですよね。

鍼灸は積極的に取り入れる病院も多く、医師の診断書を持参すれば保険適用で施術を受けれるケースもあります。

医療機関を受診して医師に相談すると医師の方から、整体や鍼灸を勧められることもあるかもしれません。

ふくらはぎが痛くて寝れない時の対処

夜になっていざ寝ようと布団に入ったけど、ふくらはぎが痛くて寝れない・・・

そんな経験はありませんか?

昼間に仕事が酷使した足が悲鳴を上げているのでしょう。

寝たいのに寝れない

となると次の日が1日辛いですよね。

ふくらはぎの筋肉の緊張を緩めるためにも、温かい蒸しタオルをあてたり温感湿布を貼ると良いでしょう。

もしも患部が熱をもっているようなら冷感湿布などで冷やすと良いでしょう。

それでも痛みで寝れない場合はロキソニンやバファリンなど市販の鎮痛薬を服用しましょう。

ふくらはぎが凝る原因

なぜ看護師さんはふくらはぎが凝る方が多いのでしょうか?

それは足の血行不良が関係しています。

看護師さんは皆さんご存知の通り、一日中立ちっぱなしです。

「足が棒になる」

なんて言いますが、まさに棒のように筋肉が凝り固まってしまうからです。

加えて、緊張などからくるストレスによって足の血流が悪くなりがちです。

そうなると新鮮な血液が全身に送り込まれなくなり、ふくらはぎや足のこり・冷えなどの症状となって表れます。

よって、職業にかかわらず血行が悪くなると足やふくらはぎが凝ったり、だるくて重くなったりしますので注意が必要です。

ふくらはぎのむくみ解消にはこの食べ物

ふくらはぎのむくみを解消する食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?

・干しひじき
・切干大根
・焼き海苔

これらの食べ物には、どれもむくみを解消してくれるカリウムが含まれています。

・干しひじきは100グラムあたり約4400ミリグラム
・切干大根は100グラムあたり約3200ミリグラム
・焼き海苔は100グラムあたり約2400ミリグラム

のカリウムが含まれているのです。

干しひじきが圧倒的にカリウムの含有量が多いですね。

足がなぜむくむかというと、原因の一つに水分が挙げられます。

塩分の摂りすぎで体内にナトリウムが多くなると、余分な水分が体内に溜まりやすくなります。

そのために、足がむくんでしまうのです。

そこでカリウムを摂取するとカリウムには利尿作用があり、また水分を調節する働きがあるため余分な水分を排出することができ、ふくらはぎのむくみ解消が期待できます。

ふくらはぎのむくみが気になる方は、干しひじきや切干大根、焼き海苔を積極的に摂取するといいでしょう。

ふくらはぎ凝り解消法まとめ

ふくらはぎのコリや痛みは辛いですよね。

今すぐにでもこの痛みを取りたい、と思うものです。

足やふくらはぎの凝りの原因には血行不良が大きく関係していることがわかりました。

血行改善にはいくつか方法がありますが、できるだけ手軽で安く改善できる方法がうれしいですね。

貼って寝るだけ!

樹液足裏シート【ボタニリッチ】

なら、そんな要望にもお応えできそうです。

今なら大変お得に15%OFFで購入できます。

詳しくはコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-美容と健康

Copyright© 前向き情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.