眼精疲労を治す方法

美容と健康

疲れ目より深刻!?眼精疲労による肩こり・頭痛を和らげる超簡単マッサージ法

眼精疲労の症状は単なる疲れ目とは違い、主に目と体の両方に出ます。

目に出る症状の中で最も多いのは痛みや乾燥(ドライアイ)でしょう。

スマホやパソコン等、目を酷使していると目に鈍い痛みを感じることがあったり、細かい手作業などをしているとドライアイになる人もいます。

眼精疲労の症状

目がかゆくなったりゴミが入ったようにゴロゴロと違和感を感じる場合も眼精疲労からくるドライアイの可能性が高いでしょう。

また、かすむ、物がダブって見えるなど見え方に異常を感じたり、視力の低下となって表れることもあります。

体に出る症状として多いのは肩こりと頭痛でしょう。

パソコン作業や、細かい作業で目を酷使した状態が続くと首や肩の周辺の筋肉が凝り固まり、血行が悪くなります。

頭痛を引き起こす場合もあります。

さらに症状が重くなるとめまいや嘔吐(はきけ)を感じます。

目は適度に遠くを眺めたりして休ませると同時に、肩や首周りの緊張をほぐすためにもマッサージをしたり体を動かすことが大切です。

ツボマッサージで症状を緩和

眼精疲労は血行が悪くなっていることが原因の一つですので、目の周りや首・頭をマッサージをすると症状が和らぐことがあります。

目の周りには、沢山のツボが集中しています。

仕事の合間など手軽に症状を緩和するなら、やはり目の周りのツボをマッサージするのがおすすめです。

目の周りを目頭のほうから目じりにかけて少しずつ指で押すと良いでしょう。

目の周りをぐるりと一周しましょう。

目の疲れが緩和されると思います。

また、うなじの付近にある、風池(ふうち)や天柱(てんちゅう)などのツボを中心に親指でマッサージを行うのも、目や肩、首の疲れが癒されて良いでしょう。

できれば蒸しタオルなどで少し患部を温めると血行促進効果も高まります。

頭部は、おでこやこめかみの生え際あたりを中心にマッサージすると同時に、頭全体をまんべんなくマッサージしましょう。

頭皮が動くくらいの強さで優しくマッサージしましょう。

マッサージや指圧に通う場合は、眼精疲労であることを事前に伝えておくと、症状を緩和させるような施術をしてくれるでしょう。

眼精疲労に効く成分アントシアニンとクロセチン

眼精疲労には、ブルーベリーが良いと言われていますが、そのブルーベリーに含まれている成分が、アントシアニンです。

ブルーベリーが目に良い、眼精疲労が緩和されたとしたら、これはアントシアニンの効果によるものでしょう。

ヨーロッパでのアントシアニンの評価は高く、医薬品として使用されているそうです。

日本ではサプリメントが主流ですが、さらに研究が進み、効果が認められれば、もっと色んな形でアントシアニンを目にするようになるでしょう。

ブルーベリーは目の健康維持に良いというだけではなく、活性酸素を防ぐ作用もあるので、アンチエイジング効果も期待できるようです。

クロセチンは、眼精疲労の原因の一つである目の筋肉のコリをほぐしてくれます。

眼精疲労の原因は、目元の血行不良や筋肉の緊張状態が続くことによる”こり”です。

このような目・首・肩の筋肉の緊張状態が続いていると、ますます眼精疲労は悪化すると言えます。

クロセチンには、目の周りの血行を促進する作用があるだけでなく、抗酸化作用や抗炎症作用もあるので、これらの作用が眼精疲労の改善に効果があります。

パソコンやスマホを見る時間が長い人、普段から目を酷使する方にクロセチンはおすすめです。

眼精疲労には目を温めるのがおすすめ

眼精疲労にお悩みの方は目を温めることをおすすめします。

蒸しタオルなどで目を覆うようにして温めると、血行が促進され、疲れが癒されるでしょう。

ただ、充血しているような状態の眼精疲労の場合には、温めず、冷やした方が良いでしょう。

特に、目に炎症が起きている状態のときに温めてるのは良くありませんので、くれぐれもご注意下さい。

目元を温めるときは、電子レンジでタオルを軽く温めて目を覆うようにあてましょう。

目の周りの皮膚は弱いので、やけどしないよう気を付けて下さい。

ビタミン剤が眼精疲労回復に効く!?

眼精疲労を改善するならビタミンB群を中心としたビタミン剤が良いでしょう。

眼精疲労に効くとされているビタミン剤には、大抵ビタミンEも配合されているので、血液循環を改善する作用もあって、肩コリや首のコリも軽くなるでしょう。

眼精疲労に効くとうたわれている目薬にも、大抵ビタミンB・Eが含まれていると思います。

ただし、眼精疲労を治すとなると、やはり生活習慣の改善が欠かせません。

眼精疲労の原因となる目の酷使を避けると同時に、体全体の血行促進を心掛けましょう。

バランスのとれた食生活・規則正しい生活を基本に、ビタミンB群配合のビタミン剤などで栄養を補うと良いでしょう。

眼精疲労の改善まとめ

眼精疲労になると単なる目の疲れだけでなく、首や肩の凝り・頭痛などを引き起こす為日常生活にも支障をきたします。

目からくる疲れが引き金となって、体全体に悪影響を及ぼすためです。

眼精疲労には、血流の低下が大きく関係していますので、日常生活の中でも血行を促進させるような生活習慣を意識するようにしましょう。

つらい症状を改善する為には、市販の薬を服用することを考えても良いでしょう。

しばらく服用しても症状が改善されない場合は、専門医に相談することをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. インナードライ肌の原因と対策
  2. 大阪北部地震震度6
  3. 東香里水春
  4. ハルカス展望台の3Dマッピング
  5. 鼻の毛穴の開き解消法

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 雨の日の楽しみ方

    暮らし情報

    雨の日はテンションが上がる!?雨の日が楽しみになる9つのポイント
  2. ダイヤモンドキーパーを施工しました。

    自動車

    ダイヤモンドキーパーを施工して3週間経ちました。そのコーティング効果は?
  3. 仕事探し

    暮らし情報

    長く続けられる仕事・一生働ける会社を探している人へ
  4. ビオチンの美肌効果がスゴイ!

    美容と健康

    ビオチンの美肌効果は本当にすごい?シミくすみの改善方法もチェック!
  5. 青野楓さんの腹筋

    エンターテーメント

    青野楓の腹筋が見たい?スリーサイズ体重は?水着画像もチェック!
PAGE TOP