美容と健康

インナードライの原因と対策~天然セラミドがおすすめ

投稿日:

インナードライ肌の原因と対策

見た目はテカテカだけど、実は肌内部が乾燥している!?

そんな症状のあなたは「インナードライ」かもしれません。

インナードライの原因と対策について書いています。

あなたはの肌はインナードライ?

冬は空気が乾燥しているので肌が乾燥がちです。

自然と肌の保湿対策にも意識が向きますよね。

では湿度の高い梅雨から夏場にかけてはどうなんでしょうか?

実は夏場でも適切な肌の保湿が重要なんです。

インナードライとは肌の内部が乾燥している状態です。

その特徴としてはおでこから鼻にかけてのTゾーンがテカテカしているのに頬がカサついています。

つまり、一見すると肌は潤っているように見えますが実は肌の内部は水分不足の状態なんですね。

また、インナードライは「乾燥性脂性肌」とも呼ばれます。

似たような肌の状態でもTゾーンだけでなく頬もテカついている場合は脂性肌の可能性があります。

顔のテカリが気になる方は、一度ご自分の肌の状態を自己診断してみてはいかがでしょうか?

インナードライの原因は皮脂対策?

インナードライの症状は肌内部が乾燥しているにもかかわらず、表面の皮脂が過剰に分泌されるのが特徴です。

その原因は肌がこれ以上の乾燥を防ごうとして過剰に皮脂を分泌するためです。

よって、見た目はテカテカになってしまいます。

また、過剰に皮脂対策をすることもインナードライの原因になります。

肌表面の皮脂は肌の保湿効果があります。

にもかかわらず、脂取り紙などで皮脂を取り除きすぎると肌が乾燥してしまいます。

その乾燥を防ごうとしてさらに皮脂が過剰分泌されるのです。

スクラブ洗顔などで1日何度も洗顔するのも、インナードライを酷くする場合がありますので洗い過ぎには注意が必要です。

正しい肌乾燥対策について

インナードライ対策として最も大切なポイントは肌の保湿です。

湿度の高い季節は汗をかきやすくベタつくため、肌が保湿されているように思いがちです。

実際は夏場でもエアコンや紫外線によって肌は乾燥してしまいます。

特に洗顔・髭剃りあと・風呂上りなどは肌が乾燥していますので、すぐに保湿するようにしましょう。

保湿の仕方ですが、まずは乾燥が気になる部分を化粧水などで保湿します。

そのあとクリームで蓋をして水分を逃がさないようにすると良いでしょう。

それでも乾燥が気になる人は寝ている間に保湿パックをすることをおすすめします。

保湿効果をより一層高めることができるでしょう。

保湿剤は天然セラミド配合がおすすめ

セラミドという言葉を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

セラミドはお肌の3大保湿因子の一つです。

3大保湿因子には、角質細胞間脂質(セラミドなど)・天然保湿因子・皮脂膜があります。

これらは保水機能・バリア機能を果たす為に必要不可欠ですが、インナードライ肌ではこの3つのバランスが崩れています。

中でも特に需要なのはバリア機能を担う「セラミド」と言えるでしょう。

市販されている美容液や保湿剤などに含まれるセラミドには色々な種類がありますが、中でも天然セラミドをオススメします。

私たちの体内のセラミドは加齢とともに減っていきますが、天然セラミドは肌の壊れたバリア機能を改善する働きもあります。

歳をとると肌が乾燥しがちですが、それは肌のセラミドが減っていくのも原因の一つです。

インナードライを防ぐ為にも体の外から天然セラミドを補うことも大切です。

インナードライ肌の原因と対策まとめ

インナードライとは肌の内部が乾燥している状態のことです。

肌の乾燥を防ぐ為に過剰に皮脂が分泌されることでTゾーンがテカテカになってしまう症状です。

インナードライの対策は保湿です。

特に天然セラミドを含む美容液がおすすめです。

また、肌の保湿は空気が乾燥する冬場だけでなく高温多湿の季節にも保湿は必要です。

毎年ゴールデンウィークから夏にかけては紫外線や汗、PM2.5などによって肌へのダメージを受けやすくなる季節です。

インナードライによって肌のバリア機能が低下するとさらにダメージを受けやすくなってしまいます。

肌にとって厳しい条件の夏こそ保湿を心がける季節と言えるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-美容と健康

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.