パソコン作業が原因の目の疲れ解消法

美容と健康

パソコン作業による目の疲れの解消法と予防

最近は仕事や日常生活の中でパソコンやスマホを見る機会が多くなり、以前にも増して目の疲れを感じている人が多いのではないでしょうか?

パソコンの画面を長時間見ているとまばたきの回数が減り、目が乾いてしまう(ドライアイ)のも目が疲れる原因の一つです。私もパソコンを見続ける仕事を長年していますが、その経験を踏まえて、疲れ目の予防・解消法について書いています。

目が疲れる原因

目が疲れる原因は、大きく分けて4つあります。

・目の酷使
・視力の低下
・病気
・メガネやコンタクト

目が疲れる原因で最も多いのは、目の使い過ぎです。

スマホやパソコン、テレビ、本などを長時間見ていると、目に疲れが溜まっていきます。

これは、目が焦点を合わせようとするために起こるのです。

そして、視力が低下した場合も目が焦点を合わせるのに必死になるため、目が酷使されることになります。

また、白内障や緑内障といった病気が原因で、目の疲れを感じることもあります。

特に白内障や緑内障といった病気は、中高年に多く発症する病気なので、この年代で何か目の異常を感じた方は気をつけてください。

最近では、ドライアイと言って目が乾いてしまう病気が原因で、疲れ目に悩まされるケースも多いです。

視力を矯正するためのメガネやコンタクトが合っていないと、目が疲れる原因になるので、定期的に視力検査を受け、自分の目に合わなくなってきた場合はすぐに作り変えることをおすすめします。

あなたの疲れ目は温めるべき?冷やすべき?

目が疲れた時、冷やすか温めるかで迷ったことはないでしょうか?

結論からいうと、基本的には温めることをおすすめします。

目に疲れを感じる時は、目の筋肉が凝り固まり血流が悪くなっていると言えます。

そのため、目の筋肉のコリをほぐし血行を良くするためにも温める方が良いでしょう。

特に、ドライアイに悩まされている方は、目の周りを蒸しタオル等で温めるようにしましょう。

蒸しタオルの温度は、目の上に載せた時に心地良い程度の温度を目安にしましょう。温度が高すぎると火傷する危険があるので、気をつけてください。

また、目が充血したり、熱っぽい場合は、冷やした方が効果的だといわれています。

このように、あなたの目の症状によって、冷やした方がいいのか、温めた方がいいのかは違ってきますので、症状に合わせてお試しください。

最近では、目薬だけでなく、目の疲れを癒す便利グッズなどもたくさん売られていますから、そういった商品を利用するのもいいですね。

疲れ目をそのまま放置してしまうと、頭痛や肩こりなどの原因にもなりかねないので、その日のうちに目の疲れは解消したいものです。

目の疲れを解消するツボ

目の疲れに効果的だといわれているツボは3つあります。

・睛明(せいめい)
・客主人(きゃくしゅじん)
・風池(ふうち)

まずは、睛明(せいめい)についてです。

目の内側の鼻根に窪んだところがあると思いますが、そこが睛明というツボです。

あなたも、目が疲れた時、無意識に指で押えているのではないでしょうか?

ここを親指と人差し指でつまむようにして、軽く指圧すると、目の疲れが癒されると言われています。

また、客主人(きゃくしゅじん)というのは、頬骨弓中央の上の方にあるツボで、ここを人差し指で刺激することによって、目の疲れがとれていくと言われています。

そして、風池(ふうち)は、後ろ髪の生え際、僧帽筋の外側にあるツボです。

ここを左右同時に圧迫することで、血流が良くなり、目の疲れが解消されると言われています。

ツボを試すときは、力を入れすぎないように、優しくゆっくりとツボを押すようにしてください。

また、長時間押し続けるのではなく、適度な時間で止めましょう。

目の疲れ解消に、これらのツボを定期的に刺激することを試してみてはいかがでしょうか。

目の疲れに効く!?食事・栄養素について

普段、食べている食事を見直すことも目の疲れ解消には効果があります。

では、どのような食事をすると、目にいいのでしょうか?

目の疲れには栄養バランスの良い食事が必要です。

偏った食生活を送っている人、体だけではなく、目にも良くありません。

そのため、栄養バランスのとれた規則正しい食生活を送るよう心がけましょう。

肉中心ではなく、魚と野菜を中心とした食事を心がけるだけで、目の疲れを改善することができるでしょう。

また、栄養バランスが崩れていると、糖尿病発症リスクも高まります。

糖尿病を発症すると、疲れ目になりやすくなるので、注意してください。

3度の食事で必要な栄養素を摂るのが基本ですが、どうしても食事では摂ることが難しい栄養素についてはサプリメントで補うのもひとつの方法です。

目の疲れを解消する体操

目の疲れを解消するには、目の体操をしてみてはいかがでしょうか?

どなたでも簡単にできる目の体操を2つご紹介いたしますので、疲れ目が気になる方は参考にしてください。

・目のコリを取る体操
・疲れ目防止体操

まず、目のコリを取る体操からご説明いたします。

目を強く閉じて、パッと開けます。

それから、黒目を右に動かし、次に左に動かしてください。

同じように、黒目を上に動かして、さらに、下に動かします。

これを3回ほど繰り返すと、目のコリや疲れが楽になるでしょう。

そして、目の疲れを予防するためには、まず腕を伸ばして指先を20秒ほど見て、その後、遠くの景色を1分間ほど見てください。

これを繰り返すことで、ピントが合いやすくなり、目が疲れにくくなります。

この2つの体操を1日数回行うことをおすすめします。

パソコン作業をする、スマホを見る時間が長い人は、目が疲れやすいので、目の体操を適度に行った方が良いでしょう。

バスタイムを利用した目の疲れ解消法

目の疲れを解消したいという方に、バスタイムに簡単にできる疲れ目対策をご紹介いたします。

湯船にゆっくりと浸かるだけでも心身ともに疲れがとれると思いますが、さらに、お湯でタオルを軽く絞って、まぶたの上に置きましょう。

こうすることで、目の筋肉の緊張が解きほぐされ、血行促進につながります。

その結果、目の疲れがだんだんとれていくでしょう。

たったこれだけで、疲れ目をかなり和らげることができます。

また、さらにリラックスするために、好みの入浴剤を入れるとよいでしょう。より一層、目の疲れが改善されるでしょう。

どなたでもできるので、今夜からでもぜひ実践してみてください。

それに、頭皮マッサージも、目の疲れをとるのに有効です。

バスタイムでは疲れた目をしっかり休ませるためにも、本やテレビ、スマホ等は見ないようにしましょう。

まとめ

パソコンやスマホは今や私たちの生活に欠かせないものとなっています。

とても便利で日々の暮らしを豊かにしてくれますが、同時に、目は酷使されていますので目が疲れるのはあたりまえかもしれません。

目の疲労が溜まると、日常の生活に支障をきたすかもしれません。

そうならないよう、疲れた目は十分休ませてあげることも忘れないようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

スポンサーリンク

最近の記事

  1. インナードライ肌の原因と対策
  2. 大阪北部地震震度6
  3. 東香里水春
  4. ハルカス展望台の3Dマッピング
  5. 鼻の毛穴の開き解消法

おすすめ記事

  1. トヨタディーラーで初回車検に払った費用明細や値引きについて
  2. 京セラ404KCに適合するSDカードと差し替え方法やデータ移…
  3. 妙見の森へ子供と一緒にお出かけしよう!便利な駐車場やトイレ、…
  4. 箕面の滝は子供とのハイキングにおすすめ!アクセスや駐車場につ…
  5. 仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群の見学時間や料金、アクセス…
スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 空母いぶき ネタバレ

    エンターテーメント

    「空母 いぶき」 あらすじ・感想 ネタバレ 第1巻・2巻・3巻・4巻
  2. ヤフー地図のレスポンシブ化の方法

    コンピュータ・IT

    ヤフー地図をレスポンシブ対応にしてワードプレスの記事に表示する方法
  3. お盆のラグナシアプール混雑状況

    家族でお出かけ

    ラグーナ蒲郡お盆のラグナシアプールの駐車場と竹島水族館の混雑状況
  4. フェイスリフト若返り

    美容と健康

    見た目が断然若返る!?フェイスリフトと肌が10歳若返るコツ
  5. 起動時のパスワード入力を省略する方法

    コンピュータ・IT

    起動時とスリープ後のパスワード入力を省略する方法 Windows10
PAGE TOP