美容と健康

吃音症(きつおんしょう)の原因は潜在意識だった!?自分の中から吃音を忘れ去るトレーニング

吃音症の治し方

吃音症でお悩みの方が結構多いという事を先日知りました。

吃音症とは”どもり”ともいい、上手く言葉が発せないような症状のことです。

子供の吃音にお悩みの親御さんや、社会人になってから吃音に悩んでいる方のお役に立てばと思い、接し方や治し方について調べてみました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

吃音症の原因と治し方?

吃音症の原因というのは”潜在意識”であることが多いです。

つまり自分自身です。

自分の心の奥深くに存在しつづける”吃音”が原因と言われています。

この場合、最も有効な治し方としては、

潜在意識から吃音を忘れ去ること

と言えます。

何らかの原因で自分の中に定着してしまった悪い”意識”を消して、新しい”意識”を心にインストールし直す

ことが吃音という苦しみから解放される最も有効的かつ唯一の方法です。

ポイント

潜在意識をコントロールすることが吃音の性質や改善と本質的に直結している

  • 潜在意識を入れ替えると言っても具体的にどうすればいいのか?
  • どのようなトレーニングが有効なのか?

あなたの疑問についてはこちらのサイトで詳しく説明されています。

吃音と潜在意識についてもっと詳しく

そのほかに原因として言われているのが、

・環境
・吃音症への不安(潜在意識とも言えます)
・病気

子供のころの生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)環境が大きく影響を及ぼすになるかもしれません。

子供のペースを乱すような育て方を行うと吃音症のもととなる事もあるそうです。

一度どもってしまうと「またどもったらどうしよう」「恥ずかしい」「嫌だ」「喋りたくない」といった感情(時には大きく動かして、泣いたり笑ったりするのが健康にいいといわれています)が出てきて、不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)でいっぱいになるでしょう。

その不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)が強く表れてしまうと頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)を整理できず、吃音症が悪化します。

このタイプの方は早口と言う傾向にあるでしょう。

病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が要因で吃音症を引き起してしまうケースもあり、代表的なのがてんかん、聴覚機能不全、痙攣性発声障害と言ったになるはずです。

海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)外ではこれらの病気(先天的なものも少なくないでしょう)も吃音症の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)だと考えられているのです。

吃音症の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)は色々なので、この他にも?あると思って下さい。

その人により吃音症の原因は異なり、今尚なんで吃音症が引き起こされるのかは完全に解明されているわけではありません。

でも、まず最初に、吃音症の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)を探り、適切な対処法を考えてください。

吃音症・どもり改善プログラムの詳細へ

子供の吃音症は治すべき?

子どもがどもっている場合、大人(思春期の頃は、ずるい、汚い、ああはなりたくないと思ったりもしますが、気がつくと自分もいつの間にかそうなってしまっていたり)が治した方が良いんでしょうか?

結論からいうと子どもの年齢によります。

例えば、幼児の吃音症は気にする必要はないでしょう。

このくらいの年齢というのは、上手くしゃべることが出来ない子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)が多いので、稀なことではないです。

成長するごとに吃音症(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)も改善していくケースが大半だと考えてください。

逆に無理矢理治そうとすると吃音症が悪化したり、吃音症がクセになってしまう可能性があるため注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)なさってください。

小学生(近年では、あえて名札をしない学校も多いのだとか)以降になっても吃音症が治っていない場合は、治した方がいいですね。

本人や周囲が気にしていないなら、むりやり治そうとせずに様子をみるのが一番でしょう。

ただ、小学生くらいになってしまうと吃音症をからかわれたり、これが要因でいじめを受けるケースもあるかもしれません。

その結果、人とコミュニケーションを取るのが嫌になり、対人恐怖症(有名人では、夏目漱石やガレッジセールの川田広樹さんも患っていたそうです)に発展する事もあるので気をつけないとダメです。

強引に治療を受けさせようとするのではなく、子どもが治したいと思った時にサポートしてあげるのが理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)です。

吃音症の症状について

吃音症の症状は大きく以下の3つに分けられるのです。

・連発
・伸発
・難発

連発タイプは同じ語音・音節を繰り返す吃音症の事を言います。

「イチゴ」という言葉を発しようとすると最初の言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)を連発して「イイイイチゴ」みたいになるのが連発タイプです。

伸発タイプは音を引き伸ばすタイプの吃音症をいいます。

「イチゴ」と言う言葉を発しようとすると伸ばしてしまって「イーチゴ」になるのが伸発タイプなのです。

難発タイプは最初の言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)が出ない吃音症の事を言うのです。

「イチゴ」という言葉を発しようとすると「・・・・イチゴ」といったようになかなか最初の言葉が出ないのが難発タイプなんです。

吃音症にもこういった種類があり、連発タイプだと相手もあの人はどもっていると分かりますが、難発タイプになってしまったら気付かれない事が多いのです。

そして、あなたの吃音症に敏感になってしまって、赤面、虚勢、せきばらい、小声になるといった症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)も現われ、これらを情緒性反応と呼んでいます。

どのくらい吃音症を気にしているのかで、症状が異なると思ってください。

吃音症とうつの発生について

吃音症(どもり)だと鬱病になり易いと言われているものですが、本当のことなのでしょうか?

これは本当です。

吃音症(どもり)が絶対にうつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)を発症させる訳では無いでしょうが、なり易いのはたしかです。

吃音症(どもり)の人は他人との会話を嫌う傾向があります。

これはどもってしまう事で、相手にからかわれたり、いじめられてしまう可能性があるためです。

吃音症(どもり)の人でこういった経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)をしたことがある方は少なくないとなるんです。

そして、これらがエスカレートすると精神的ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)が多くなり、いつの間にかうつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)になっていることがあるみたいです。

吃音症(どもり)の不安や恐怖がうつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)を発症させてしまう原因となると思って下さい。

周囲が吃音症(どもり)について理解しているのであれば、からかいやいじめというようなことは起きありませんから、うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)になる事はないでしょうが、理解してくれる人というものは残念な事には少数です。

大半の人は何かしら自分たちと違うと思ってしまって、悪質な行動を取ったり、発言をします。

もし、吃音症(どもり)の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)で辛い思いをされている為あれば、そのまま我慢せずにカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)を受けるなど何かしらの対処をされた方がいいでしょう。

吃音症とアスペルガー症候群の関係は?

吃音症(どもり)とアスペルガー症候群には関係があるんでしょう?

結論からいうと関わりがあるのです。

アスペルガー症候群の人は吃音症(どもり)やすい傾向が強いです。

アスペルガー症候群というものはコミュニケーション能力(社会の一員として生活していく以上、多少なりとも必要になります)に問題がある広汎性発達障害のことです。

アスペルガー症候群の人は普通の人と同じような他者とのコミュニケーションをとる事ができず、相手の気持ち(その時々で変化していくものです)を理解する事が出来ないでしょう。

言葉で他の人に物事を伝えるのが不得意なため、これが原因で吃音症(どもり)の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が現われることが多いはずです。

貴方の興味(色々なことに持てるのはとてもいいことだといわれていますね)がある事については流暢に喋りますが、途中途中で吃音症(どもり)が入ってしまう為、相手が理解しにくいケースがあるでしょうか。

また基本的には相手の気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)を考えた発言が苦手で、気の利いた言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)をかけることができないのです。

しかし、そんな自分をどうにかしようと気の利いた言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)を考慮して発言しようと思ったとしてもどもってしまうから、上手くいかない悪循環(負の連鎖という表現もありますね)が生まれます。

そうするとどもることへの恐怖や不安からさらに症状が悪化してしまったり、アスペルガー症候群の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を改善出来ないことが多いです。

吃音症と頭の回転の早さ

吃音症と頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)の回転には関係があって、頭の回転が速いせいでどもってしまうのは本当なんでしょうか?

結論からいうと本当だと思って良いと思います。

どもってしまう人は基本としては頭の回転が速いになりますよね。

頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の回転が速い人の場合、その早さに言語が追い付く事が出来ないのです。

その結果として吃音になってしまうことが多いようです。

吃音症の人は周りから馬鹿にされることもあるため、自分自身に自信を持つことができない人も多いでしょう。

しかし、普通の人よりも頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の回転は速いはずですので、自信を持ってください。

他の人よりも優れているからどもってしまうと考えるとちょっとは心が楽になりませんか?

そして、これを改善する為には話したいことを頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)の中でまとめて、その後にゆっくりと話すと言うクセをつけましょう。

この癖をつけることで、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の回転による吃音症はかなり改善するになるものです。

吃音症に悩まされている人は頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)の回転が関係するかもしれないため、一度この方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)を実践してみて下さい。

吃音症は病院で治る?

病院に行けば吃音症は治るのでしょうか。

結論からいうと必ずしも治るといった訳ではないようです。

あくまでも吃音症改善の選択肢の1つに過ぎないと考えた方がいいかもしれません。

ただ、病院に行く事により症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が改善する事もあるので、行ってみる価値はあるみたいです。

病院で吃音症を治したい場合は、心療内科・精神科(受診する前に電話やメールで問い合わせると、より適切な選択ができるかもしれません)・耳鼻咽喉科(取り扱っているのが広範囲なので、得意不得意を口コミなどで調べて病院を選んだ方がいいかもしれません)のどれかを受診なさってください。

基本的には心療内科(ストレスなどの心が原因だと考えられる肉体的・精神的な症状を診察し、治療します)と精神科(不調の原因が精神的なものではなく、身体的なものであれね、心療内科を受診した方がいいでしょう)は行っている事が似ているので、どちらに通っても問題ないです。

精神的なことが要因で吃音症が出ている場合に効果アリ治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が可能なんです。

病院によって、耳鼻咽喉科(取り扱っているのが広範囲なので、得意不得意を口コミなどで調べて病院を選んだ方がいいかもしれません)に吃音症に強い言語聴覚(年を取るのに伴って、可聴域が縮小していき、高い周波?の音から聴き取れなくなっていきます)士が在籍していることがあるんです。

しかし、子どもの吃音症のみを対象にしていて、大人(いつまでもなりたくないと考える人も多いかもしれません。なにかと束縛されていると感じることも多くなるものです)の吃音症の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)はしていないことも多いです。

そして、気になる治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)費用そうはいっても、これは病院によっては異なるはずです。

健康保険(色々な種類があり、職業などによって加入できる保険が畭なります)が適用可能なところもあれば、できないところもありますので、事前に確認を行いおいた方がいいかもしれません。

吃音症・どもり改善プログラムの詳細へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-美容と健康

© 2020 前向き情報ブログ Powered by AFFINGER5