暮らし情報

クレジットカードのお得な使い方とブラックのキャッシングについて

更新日:

ブラックのキャッシングについて

クレジットカードのお得な使い方

クレジットカードを1枚持っていれば。ショッピング中の高額決済にとても重宝します。ショッピングに行くとしても、日頃持ち歩ける現金には限界があるでしょう。想定していなかったものが売っていた時に、予定にない買い物をしたいと考えることは、珍しくもありません。そのような時に十分な現金を持ち合わせていなくても、クレジットカードがあれば、すぐに欲しい商品を購入することができます。一括払いでクレジットカードの支払いをしている限りは、手数料が不要であることが、クレジットカードの魅力です。現金で買い物をするのと同じ金額で済むので損することはありません。クレジットカードの決済は、口座引き落としを1カ月後くらいに行うため、すぐにお金を用立てる必要はありません。完済まで支払いの回数を分けたり、リボルビング払いにすることで利息がつきますので、よりカードの決済額が大きくなってしまいます。クレジットカードのいい面を理解して、上手に引き出しながらクレジットカードを活用していきたいものです。クレジットカードでのショッピングは実際に現金が動かないために、お金を使っているという実感が湧きにくいのも事実です。ショッピング時に無駄遣いしないように、現金決済ではないからとつい支払い過ぎることがないよう心がけましょう。クレジットカードは使い方によってメリットもデメリットもあるので、健全な使い方を心がけるようにしたいものです。

ショッピングをした時の支払いにクレジットカードを利用した場合における返済方法をよく理解しておく必要があります。クレジットカードを使うと、商品を受け取ってから、後でまとめて支払いをしますので、形としては借金です。もしもクレジットカードで買い物をしたなら、精算日になったらしっかりと支払いを済ませることが大切になります。支払いを後回しにできるというクレジットカードの仕組みを把握しておくことが重要になります。ショッピング時のクレジットカードを使った時には、支払い形式をどうするか、その場で選択することになります。次回以降の一括払いにするか、分割払いにするか、リボ払いにするかで、カード決済時に店員に伝えればOKです。中には何回払いにするのかがすでに限定的なお店のところもありますが、基本的には自分で回数を選べるようになっています。一括払いとは、クレジットカード会社の決めている精算日になったせ、まとめて支払ってしまうという方法です。一度に支払うには金額が大きすぎるという時は、分割払いに設定することで、毎月のカード支払い額を減らすことが可能になります。一括払いの中には、次のボーナス期に一括払いで支払うという方法もあり、より支払いやすいほうが選べます。この他、リボルビング払いにすれば、1カ月で支払うカードの金額に限度額を設け、支払いきれない分は来月以降に支払うとことができます。どんな支払い方をすれば払い込みやすいかは人によって違いますので、クレジットカードでショッピングをする時は支払い回数をどうするか事前に決めておきましょう。

普段から、ショッピングにクレジットカードを使っている人は大勢いますが、総量規制はローン商品にも適用されるでしょうか。法律で定められているローンの利用金額の上限が総量規制であり、年収の3分の1以下に抑えるというものです。例えば、キャッシング会社のローンは総量規制を守らなければなりませんが、中には総量規制が適用されないものがあります。銀行からの融資は総量規制に該当しませんので、住宅ローンや、教育ローンを銀行から借りる時には、総量規制を気にする必要はありません。クレジットカードのショッピング枠で決済をしている時は、総量規制の適用範囲外になります。借り入れ金額の合計を算出したい時には、クレジットカードのショッピング利用枠については、考慮には入れません。総量規制が設定されている理由は、うっかり借りすぎて返済に不都合を来すことがないようにです。金融機関からお金を肩代わりしてもらい、商品の支払いにしているという点では、クレジットカードも借金のようなものです。総量規制に該当しないものでも、期日までに返済することが難しいと自分で判断したら、クレジットカード利用を自粛するなどの心がけが大事です。クレジットカードの精算はリボルビング払いにもできますが、手数料がつくことを念頭において、無駄な買い物は控えるようにしましょう。総量規制があてはまるのは、クレジットカードをキャッシングカード的に使って、一時的にお金を借りている場合のみです。ショッピングの利便性を高めてくれるクレジットカードですが、支払い時に問題が生じないように気をつけましょう。

ブラックでもキャッシングできる?

キャッシングについて情報を収集しているとよく見かけるのがブラックリストという言葉です。ブラックリストはあまりいい意味に使われているとは思えませんが、正確な意味を知っている人もあまり多くないかもしれません。キャッシング用語に、ブラックリストという言葉は、存在はしていません。黒い帳面に人の名前が書いてあるということはありません。信用情報会社という、過去から現在までのキャッシング利用履歴が管理されているところがあり、金融会社はここから情報を得ています。ブラックリストとは、信用情報会社に残されているキャッシング履歴に、長期の延滞や、債務整理経験があることなど、事故情報と呼ばれる情報が残っている人のことです。事故情報や異動情報には返済遅延や債務整理などのいわゆる金融事故に履歴が記載されており、これらの記載があれば、金融機関はキャッシングの申込みを却下することが多いのです。これらの記載を分かりやすいようにブラックリストと呼ぶのです。大抵の情報では、ブラックリストに名前が入ると新規のキャッシング融資は不可能となっていますが、金融会社によっては融資を行う時もあります。金融会社の判断によって審査の結果が決まるので、一律で条件が定められているわけではありません。小規模な消費者金融会社の場合、ブラックリストに名前があってもキャッシング可能なところもあります。銀行や消費者金融会社の中でも大手の会社は、まず無理だと考えたほうがいいでしょう。ですが、ブラックリスト入りしていれば、キャッシングは受けづらくなるものです。

金融会社による審査は、新しくキャッシングを利用したい人に対して必ず行われています。そして審査には様々な基準が設定されていて、その1つはブラックであるか否かです。大抵の金融会社は、ブラックに名前を連ねているような人には融資をしません。今までキャッシングを利用したことがあるか、その時に期日通りの返済ができているかが、ブラックリストに名前が入るかどうかの分かれ目です。キャッシング初心者の人だけではなく、キャッシング履歴のある人はたくさんいます。金融会社にキャッシング融資の希望を出している人が、銀行や他の消費者金融会社から融資を受けた経験があり、かつ、返済を滞らせたことがある場合があります。キャッシングの審査を通らない人の中には、他の金融会社から融資を受けた時に、決めていた期日までの返済ができずに債務整理をしていた人などもいます。しかし、何事も例外はあるもので、キャッシングの審査には絶対に通らないという訳ではないようです。金融会社の中には、ブラック入りしている人でも、条件次第で融資を行うところがあります。審査の基準は一律ではないので、最終的な判断は金融会社です。銀行や、大規模な消費者金融会社は、ブラック入りしているようなリスクの高い顧客には貸しませんが、中小の金融会社の中にはあえて融資をするところもあります。キャッシングの申し込みをして、審査の段階で断られてしまったということがあっても、同じ条件で別の金融会社に申し込めばOKが出ることも十分にあります。一社に断られてしまったとしても、別の金融会社に申し込んでみるというのは、手段になりえます。

ブラックリスト入りした状態とは、金融サービス受けた時の過去の犯罪行為が載っているようなイメージを受けます。実際のところ、ブラックリストという名簿は実在しておらず、比喩的な表現に留まっています。どんな状態をブラックリストと呼んでいて、ブラックリストに入るとどんな変化があるのでしょう。信用情報会社に事故情報が掲載されており、審査で不利な評価を受ける状態のことをブラックリストといいます。ネガティブは情報とは、キャッシングの返済が出来ずに滞納している場合や自己破産などの債務整理についての返済トラブルに関することです。ブラックリストが実在するわけではないですが、ブラックリストに名前がある状態とは、信用情報会社に事故情報がある時のことです。一旦ブラックリストに名前が入ってしまうと、5年〜10年は、そのまま名前が残っていると考えていいでしょう。新しくキャッシングの申し込み手続きをすると、金融会社は信用情報会社に個人情報を照会し、ローンやキャッシングの利用実績を確認します。銀行やキャッシング会社は、貸したお金を確実に返してくれる人に融資をしたいので、過去に延滞履歴がある人は敬遠されます。カードローンの融資を受けていて、必要な時はいつでも限度額までの借り入れが可能な状態になっていても、ある時を境に融資が受けられなくなったりもします。それは、消費者金融や銀行が定期的に申込者の情報を審査しているからです。信用情報会社ほの照会は、初めて融資の申し込みをした時に審査の一環として行っていますが、以後、定期的に審査をし直したり、審査基準の見直しをしていることがあります。

こちらの記事もおすすめ

[clink url="https://eventtrenddiary.com/credit-card/"]

[clink url="https://eventtrenddiary.com/sokujitu/"]

[clink url="https://eventtrenddiary.com/matomelone/"]

[clink url="https://eventtrenddiary.com/houseloan/"]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterをフォローしよう!

-暮らし情報
-, ,

Copyright© 前向き情報ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.